“勉”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
つと90.1%
つとむ4.9%
つとめ3.7%
べん1.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
新刊の『活文壇』は再三上野三宜亭に誌友懇談会を開き投書家を招待し木曜会の文士交〻文芸の講演を試むる等甚むる処ありしが
書かでもの記 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
今更つてみれば、はもう十九である。九つと三つの子供されてからの十年間は、自分自分ぐまれるほどな苦勞歴史つてゐる。
(旧字旧仮名) / 水野仙子(著)
道々も故意と平気な顔をして、往来を眺めながら、て心を紛らしているに、馴染の町を幾つも過ぎて停車場へ着いた。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
その次にくなるのは君だとみんなが云つているから、しつかり強したまへ、と言つた言葉を憶ひ出し、い氣持はしなかつたのである。
坂道 (旧字旧仮名) / 新美南吉(著)