“つとめ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
22.1%
20.6%
勤務11.8%
義務9.6%
任務5.1%
職務4.4%
遊女4.4%
2.2%
2.2%
2.2%
1.5%
勤行1.5%
娼妓1.5%
奉職0.7%
勞働0.7%
勤労0.7%
売色0.7%
本分0.7%
看経0.7%
職分0.7%
職司0.7%
芸妓0.7%
芸者0.7%
行程0.7%
讀經0.7%
責任0.7%
責務0.7%
通勤0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
著意してめるがある。專念めて、萬事つこともあれば、日々らずに、えずしてゐることもある。
寒山拾得 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
其方儀天一坊身分と相糺さず萬事華麗たらく有しを如何相心得居申候やへもせず役儀をもながら心付ざる段不屆に付退役申付る
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
喚起す袈裟治の声に驚かされて、丑松は銀之助が来たことを知つた。銀之助ばかりでは無い、例の準教員も勤務の儘の服装でやつて来た。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
といひ、彼聞きて、今は心を安んぜよ、我わが義務を果して後行かざるべからず、正義これを求め、慈悲我をむといふに似たりき —九三
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
皇孫命様竜神様産土神様礼拝し、今日任務無事めさせてさいますようにと祈願めることにしました。
さて我はボナヴェントゥラ・ダ・バーニオレジオの生命なり、大いなる職務を果さんためわれ常に世の心勞にせり 一二七—一二九
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
君が情の仮寐の床にと何ならぬ一ふしあはれも深く、此時節より通ひむるは浮かれ浮かるゝ遊客ならで、身にしみ/″\と実のあるお方のよし、遊女あがりのさる人が申しき。
里の今昔 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
く、我邦学問の独立せざる久し、してその未だ独立せざるものは、として、学者に与うるに名誉と利益とを以てせざるに因る、これを以て、今の時に当て
祝東京専門学校之開校 (新字新仮名) / 小野梓(著)
或時期の詩人はさういふ言を以て自分の仕事を恥かしくないものにしようとたものだ。
弓町より (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
居たまう時はいつもしかなりけむ。われには笑顔見せたまわざること絶えてなかりしが、わがために慰めらるるや、さらばて慰めむとてく。
照葉狂言 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
手は疑ひをさんため彼を助けり得て、目の果し能はざるを行ふ、この時わが爲せることまたかゝる人に似たりき
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
例えばあの世に行けばんなが神様のおみたいな所へ入って、朝から晩までお勤行をしているというような事や、空中を白い着物を着て飛んで行ける事や、大体野原で
何うぞいとか悪いとか聞いて下さい、唯手前は厭になったられって、何でもいから出て行けって、亀屋のお龜という芸者揚句の、妙齢の、今は娼妓をして居るのを二三度買って
私はこのいい細君がをあやどって甲斐甲斐しく立ち働きながらも、夫の首尾を気づこうて、憂いを胸にかくしている姿を見て、しみじみと奉職の身の悲しさを覚えて
駅夫日記 (新字新仮名) / 白柳秀湖(著)
駅長はそのころ中仙道大宮駅に奉職ていて、十幾年かぶりで小林に会見したのであったそうだ。
駅夫日記 (新字新仮名) / 白柳秀湖(著)
然し、これだけの事で御座いますれば、主人も従来勤労に免じて、又どうにも勘弁は致してくれましたので御座います。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
……その頃には、七尾から山で。輪島からは海の上を、追立てられ、漕流されて、出稼ぎの売色に出る事。
河伯令嬢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
私は私の本分を尽くすうちに、満足を見出してゆくべきです。したがって、私たちは、決して自分の使命を他人に誇るべきではありません。
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
はや朝の看経はて、しづしづと
邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
本当? うれしい! ねエ、二人で!——でもおっさまがいらッしゃるし、お職分があるし、そう思っておいでなすッても自由にならないでしょう。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
職司の種類のには、主につけるものにあらずして、その表面は極めて格好に且つ怡楽きものなるに似たれど、終りには、死を意味するものあり。
主のつとめ (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
俺は知らない、迷惑だ、とと貴方は、うおっしゃいましょうけれど、芸妓したって、ですもの、分けて、あんな、おとなしい、内気な小雪さんなんですもの、打ちつけに言出せますか。
浮舟 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
義理から別離話になると、お蔦は、しかし二度芸者をする気は無いから、幸いめ組の惣助の女房は、島田が名人の女髪結。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
既にもう一生の行程を終つた爺さん婆さんの群ばかりで無く、随分種々繁忙しい職業に従ふ人々まで、其を聴かうとして熱心に集ふのを見ても
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
して呉れろと云棄追駈く此掃部と云ふ者はより武邊の達者殊に早足なれば一目散に追行所に重四郎は一里餘りも退たりしがより駈來人音有り定めて子分の奴等が來る成らんと深江村の入口に千手院と云ふ小寺有り住持は六十餘歳の老僧にて佛前に於て讀經
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
又八のおばばは、おれをの何のとったが、おれは、又八の消息をあのおふくろへ告げることが、自分の責任だ、友達の信義だ、そう思ったからこそ、山木戸をむりに越え、村へ帰って来たのだ。
宮本武蔵:02 地の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
いと高き處に坐し、その責務を怠りしごとくみえ、かつの歌にあはせて口を動かすことをせざる者は 九一—九三
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
構内の長屋の前へ、通勤に出る外、余り着て来た事の無い、珍らしい背広の扮装、何だか衣兜を膨らまして、その上暑中でも持ったのを見懸けぬ、蝙蝠傘さえ携えて、早瀬が前後しながら
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)