照葉狂言てりはきょうげん
二坪に足らぬ市中の日蔭の庭に、よくもこう生い立ちしな、一本の青楓、塀の内に年経たり。さるも老木の春寒しとや、枝も幹もただ日南に向いて、戸の外にばかり茂りたれば、広からざる小路の中を横ぎりて、枝さきは伸びて、やがて対向なる、二階家の窓に達かん …
作品に特徴的な語句
歩行あり ささや そっ あたい おじ さだま 俯伏うつむけ おもいもの むかい ひっそ ひとも 婦人もの いつ めぐり おもて むかい 悚然りつぜん 嬰児ねんねえ 寂然ひっそ 点々ぽっちり きさま よこと しめや とこ うとん 一時あるとき ひと 微笑えみ そら うずも 莞爾にこり おっか 嘲笑せせらわら かえり かたえ たぐ 打着ぶッつか つやや 美女きれい ひま のたま じき きまり おろ そら ひやや がわ あかり 退すさ ふり 道理わけ 対向むかい 父様おとっさん なら つか 元結もッとい さだ ちか 洪水みず 彼家かしこ つッ 種々いろん 往来ゆきか あやぶ 明日あくるひ ひとつ まもり ただち ひら かわ 独居ひとり ちいさ ひど ともし おら 市中いちなか きもの はたき あきらか にげ かん おじ とおり から あお 出来いできた ひそか 打衝うちあた 憂慮きづかわ おそれ