照葉狂言てりはきょうげん
二坪に足らぬ市中の日蔭の庭に、よくもこう生い立ちしな、一本の青楓、塀の内に年経たり。さるも老木の春寒しとや、枝も幹もただ日南に向いて、戸の外にばかり茂りたれば、広からざる小路の中を横ぎりて、枝さきは伸 …
作品に特徴的な語句
女々めめ 見馴みな 日数ひかず 布子ぬのこ 衣物きもの 足蹴あしげ 撞木しゅもく 枝折戸しおりど 膏薬こうやく 緋縮緬ひぢりめん 花片はなびら 百日紅ひゃくじつこう くら 本意ほい 大胡坐おおあぐら 見識みし 一室ひとま 可懐なつか 透間すきま 駒下駄こまげた 緋鯉ひごい 鳶色とびいろ 御挨拶ごあいさつ 詮方せんかた 腕車くるま そら 常磐木ときわぎ 直垂ひたたれ 身震みぶるい 一本ひともと 仮初かりそめ 一廉ひとかど 名告なの つとめ 根太ねだ みまわ 三年みとせ 蝶番ちょうつがい 御手おんて 逢瀬おうせ 七歳ななつ 串戯じょうだん 一眸いちぼう 可哀相かわいそう てすり いなずま 爪立つまだ 座頭ざがしら 上框あがりがまち 悵然ちょうぜん 艶麗あでやか 一群ひとむれ 流眄しりめ 後毛おくれげ 寡婦やもめ いただき 枝垂しだ 鳩尾きゅうび 傍見わきみ 白壁しらかべ 緋鹿子ひがのこ 駈出かけいだ 狂気きちがい 口籠くちごも 大釜おおがま つつが りん 日南ひなた 立停たちどま 小家こいえ 居所いどころ 後手うしろで 怖気こわげ 指揮さしず ささ あお 驚破すわ ねり 一団ひとかたまり 一年ひととせ 御道理ごもっとも 祭礼まつり 瓦屋根かわらやね 竪縞たてじま 行交ゆきか ながえ 孫子まごこ すもも 当前あたりまえ 真闇まっくら 二条ふたすじ 園生そのう 鬼門おにかど 長刀なぎなた 橋杭はしぐい 元結もッとい 我家わがいえ 一跨ひとまた 人通ひとどおり