“叫”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さけ85.1%
さけび4.2%
わめ2.9%
1.0%
どな1.0%
おめ0.6%
おら0.6%
さか0.6%
さけぶ0.6%
きょう0.3%
わつ0.3%
あつ0.3%
0.3%
うな0.3%
0.3%
よば0.3%
わめい0.3%
サケ0.3%
シテ0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「何するんだい。慶次郎。何するんだい。」なんて高くびました。みんなもこっちを見たので私も大へんきまりが悪かったのです。
鳥をとるやなぎ (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
魂の深底においてヨブは神の独子を暗中に求めて、人心本来の切願を発表したのである。げに独子を求むるは人心おのずからのである。
ヨブ記講演 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
これを指しては、背低の大隊長殿が占領々々といた通り、此処を占領したのであってみれば、これは敗北したのではない。
と狂気の如くけんで、翁の顔に今にも飛びかからん形相で睨みつけた。けれど翁は「何をするんだ。」と落付いて、一声冷かにいって、冷笑ってぴくりとも動かなかった。
(新字新仮名) / 小川未明(著)
すると見物の一人が、大きな声でこうりました。
梨の実 (新字新仮名) / 小山内薫(著)
彼は「おうお」ときながら、持っていた燭台を、相手の面上を目がけて投げ打った。
恩讐の彼方に (新字新仮名) / 菊池寛(著)
横筋違往来ば突抜けて行きます。号外と同じ事で、この触声の調子一つで売れ工合が違いますし、情婦の出来工合が違いますケニ一生懸命の死物狂いで青天井を向いてびます。
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
「いまんだのはおまへらだか。」ときいた。
さいかち淵 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
その色青みありて黒く甚だなめらかなり、農夫これをもつてをうつとなす、其夜妻しに燦然として光る物あり、妻妖怪なりとして
淫蕩な女体が、きこめられた春情香の枕をして、歓喜の極に、一、死息を怪しましめ、一凝脂を汗としてうるおす
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
身に何樣なる出世もなるを娘に別れ孫を失ひ寄邊捨小舟のかゝる島さへぞとりに泣沈めり寶澤は默然と此長物語を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
と投出す機會に切込九郎兵衞がと一聲び女の體は二ツになり無慚の最期に惣内はお里と心得心も女房のめと追詰々々切び九郎兵衞諸共曲者を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
う声、広岡の家より聞えつ。
照葉狂言 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
二葉亭は底力のある声で「明月や……」とって、や暫らく考えた後
二葉亭余談 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
泉のくにの血にけば
春鳥集 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)
大声あげてらばくれべし、それにつけてもお伊勢さまと善光寺さまをおたのみ申よりほかなしと、しきりに念仏へ、大神宮をいのり日もくれかゝりしゆゑ
「ああ正成よ正成よ……。」と口から出るがままに大声でて、この村に響き渡れ! 彼の兄と嫁との耳に鳴り響いて鼓膜を破ってやれ! という意気込みで怒鳴り付けた。
黄色い晩 (新字新仮名) / 小川未明(著)
超人ケル小心恐々イナガラ厳粛ノコトヲレ、ト秀抜真珠哲人ンデ自責狂死シタ。
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)
了工農的仇敵。眞中山主義的叛徒。我從前受的是舊式教育。到後來你想信於人我入了革命的學校。現在我經認識正確的道路。然而你顯然到反革命的營壘去了。