ヨブ記講演ヨブきこうえん
◯ヨブ記の発端は一章、二章にして、十九章がその絶頂たり、それより下りて四十二章を以て終尾となす。しかしこの四つの章を読みしのみにては足らず、その間に挟まる各章を読むは、あたかも昇路及び降路において金銀宝玉を拾うが如くである。故に四十二章全部 …
作品に特徴的な語句
ちょう ちから ものい ものしろ みは ねがわく なげ みむね 徘徊ゆきめぐ たと さっ たぐい とら 大洋わだつみ きわみ 破壊やぶれ おわり 了解さと すこし 衣服ころも 監督ビショプ 後退あとずさり おわ むかっ やじり みず かた 行為わざ かた はか おとし くる あやまち 掠奪かすめうば 慰藉なぎさめ しわよ ものい めぐり わた はこ 憂愁うれえ 所作しょさく かな 意志おぼしめし とら ねがわ 最初いやさき 丈夫おとこ 出来いでき 暗示サッゼスチョン ひやや 香物こうもの おそら すすん おとの たっ あた きわま かお あわ 勇士ますらお ひとつ せい なわ 法度のり かん うみ 貨物たから えり わらい あきらか よろし 掠奪かすめ せつ 尊重とうとき 依頼よりたの 磐石いわ すこし しげ おも 華美うるわしき ぎょ へりく おぼえ 懊悩なやみ くびき したがっ ながら こた うる 吃驚きっきょう さま 卑賤いやし