“暗示”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ヒント45.0%
あんじ37.5%
しらせ5.0%
ほのめか5.0%
あんし2.5%
サッゼスチョン2.5%
シユグジエスチヨン2.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
多分彼らは途中ヨブについて種々の悪評を耳にしこれを打消しつつ来りしも、疑もなくそれはある暗示を彼らに与えたに相違ない。
ヨブ記講演 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
僕は以前架上の書籍を買ひ入れた年月の順にし、その書籍の持ち主の一生の変化を暗示する小品を書いて見ようかと思つた。
蒐書 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
駕籠屋の言うのは嘘と知りつつも、彼は無理にそれを本当にして、もしや女の身に変った事でも起った暗示ではあるまいかなどと自分勝手の理屈をこしらえて見たりした。
箕輪心中 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
い頃から暗示してゐる何ものかがあつて、その人の光明のある立派な道を可愛らしく美しく純潔に、飾つてくれてゐるものがあるかも知れぬ。
地方主義篇:(散文詩) (旧字旧仮名) / 福士幸次郎(著)
いづこにかすずろげる春の暗示よ……
東京景物詩及其他 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
その理由はこの書の中に聖書中の真理がく含まれおるというにあった。すべてキリスト教の大真理はヨブ記の中に発芽している。しかもそれが暗示の形において問題として提出されている。
ヨブ記講演 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
暗示」と「想念喚起」が、あなたの制作の手法だとすれば、且つまた、自然の吐息に耳を傾けることが、あなたの無二の歓びであつたとすれば、僕は寧ろ、あなたの芸術的心境が