“しらせ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
報知49.6%
報告8.8%
前兆7.2%
6.4%
通知3.2%
3.2%
訃音2.4%
凶報1.6%
告知1.6%
報道1.6%
暗示1.6%
消息0.8%
通報0.8%
予報0.8%
凶兆0.8%
前触0.8%
合図0.8%
告示0.8%
報鈴0.8%
報鐘0.8%
案内状0.8%
白瀬0.8%
神託0.8%
諜報0.8%
0.8%
通信0.8%
電報0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
此の報知を耳になさった時、御奉行様はいつになく暗い顔をなされ、それからは偉い方々と頻りに行き来をなさったようにおぼえます。
殺された天一坊 (新字新仮名) / 浜尾四郎(著)
その翌朝未明、太田が家にては、下女の報告に、夫婦が驚き『なにお園様が殺されてござるといふのか。馬鹿め、貴様はどうしてゐた』
したゆく水 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
「凶事がある前兆じゃよ、昨夜は夢見が悪かった。早速護摩でもかせねばお邸から縊死を出してどうするものじゃ。」と令夫人は大きに担ぐ。
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
山車の出る日には、両先生は前夜より泊り込んでゐて、斥候を派してを待つた。距離が尚遠く、大鼓の響が未だ聞えぬに、斥候は帰つて、只今山車が出ましたと報ずる。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
たった一軒の漁師のがある、しかし一軒が普通の漁師の五軒ぶりもあるでわれら一組が山賊風でどさどさっていくとかねて通知してあったことと見え
鹿狩り (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
「俺は七十になるが、まだこんな不思議なことに逢ったことはない、奇体なことじゃ、これは何かのと思われる」
不動像の行方 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
月かくす雲花散らす風は、世に免れぬ例かや、浅木様の母御俄に御国もとにて、身まかりたまひしとの訃音に、一度は帰りたまはではかなはぬ事となりにしぞ。
葛のうら葉 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
その翌日は、八五郎に誘われて、神楽坂へ出かけようとしている平次のところへ、岩戸町の下っ引が、思いも寄らぬ凶報を持って飛んで来ました。
昨朝、内部へ放ってある信ずべき密偵からの告知
つづれ烏羽玉 (新字新仮名) / 林不忘(著)
沙翁いた所をが評したのです。——安図尼羅馬でオクテヴィアと結婚した時に——使のものが結婚の報道を持って来た時に——クレオパトラの……」
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
誰か友人中に死んだ者でもあって、その暗示が来たのではあるまいか。
本州横断 癇癪徒歩旅行 (新字新仮名) / 押川春浪(著)
ヂュリ さ、乳母いの。……ま、其樣ないしてゐやる? しい消息であらうとも、せめてしさうにうてたも。
ヂュリ 骨々其方っても、消息此方しい。これ、どうぞかしてたも。なう、乳母や、乳母いなう、如何ぢゃぞいの?
こんな心懸くない女子臨終通報が、どうしてさまのおにとどくがございましょう。かっためでございます。
一たんは、はっときましたが、それがかのお通報であろうとがついてちつけますと、つづいて瀑布方向って、がつぶれるばかりの異様物音がひびきます。
鳴る……あはれ、今日もまた恐怖予報
邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
鼠色の凶兆はあった、それから間もなく、疾風豪雨になって、一行は、九死一生のめな目にわされた。
白峰山脈縦断記 (新字新仮名) / 小島烏水(著)
そのうちに聞こえて来る前触の拍子木。草履のはためき。カラリコロリという木履の音につれて今日を晴れと着飾った花魁衆の道中姿、第一番に何屋の誰。
名娼満月 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
郷に一朝事が起こり、合図の竹法螺がボーッと鳴ると、一切の仕事を差し置いて、集まるということになっていた。
剣侠 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
汝も亦、かの尊き公布により、のすべての告示にまさりて、こゝの秘密を下界にへつゝ、我にこれを明すなり。 四三—四五
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
すると八時五十五分に赤羽行きの汽車が発車します報鈴がありますから
火事があったら半鐘の音ぐらい聞えそうなもんだったが、出火の報鐘さえ聞かなかった。うして焼けたろう? 怎うしても焼けたとは思われない。
そうそう、昨日の同窓会——案内状が来たでしょう——はおもしろかってよ。みんながよろしくッて、ね。ほほほほ、学校を下がってからまだやっと一年しかならないのに、もう三一はお嫁だわ。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
「お分りのはずですが、私が、説明しましょうか。ここは、大和雪原です。西暦でいって千九百十二年、大日本帝国の白瀬中尉がロット海を南に進んで、この雪原に日章旗をたてたのです」
地底戦車の怪人 (新字新仮名) / 海野十三(著)
しかし、キイヴァンの耳にささやいた蛇はこの事も囁いてきかせた、キイヴァンは笛の音に寄せてケリルの心に夢を送った、こうしてらいの王は夢を見た、そしてその夢を神託と知った。
約束 (新字新仮名) / フィオナ・マクラウド(著)
だものだから、近頃ぢや、貴方に逢ふとに涙が出て、何だか悲くばかりなるのが不思議だと思つてゐたら、果然かう云ふ事になるだつたんでせう。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
土岐津の城主土岐頼金が伊那五郎盛常と、いつか互いにみを通じ、花村一族の立てこもる苗木の孤城を攻めるという、そういう通信が来た時でさえ甚五衛門は沈着いていた。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
もう夢のようになりましてそのを抱いているうちに、着いたのが良人が討死電報でした
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)