“きざ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:キザ
語句割合
29.8%
気障22.0%
19.3%
10.7%
7.3%
氣障4.5%
1.6%
跪坐0.9%
0.6%
危坐0.4%
跪座0.4%
彫刻0.3%
0.3%
充牣0.1%
切刻0.1%
0.1%
0.1%
危座0.1%
小刻0.1%
机坐0.1%
0.1%
0.1%
貴座0.1%
起坐0.1%
0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
繰返すやうだけれども、十圓剩錢一錢なるがに、九圓九十九錢つたが、まただつて、員數んだのであらう。
九九九会小記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
百人に一人位真摯なものもあるかも知れないが、大抵は卒業すると直ぐ気障扮装をして新聞受売の経済論や株屋の口吻をしたがる。
青年実業家 (新字旧仮名) / 内田魯庵(著)
ここまで考えると、純一の心のには、例の女性に対する敵意がして来た。そしてあいつは己を不言の間に飜弄していると感じた。
青年 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
呉の孫策、度々、奏聞をわずらわし奉り、大司馬の官位をのぞむといえども、ご許容なきをうらみ、ついに大逆をし、兵船強馬を
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
たまたま伊勢詣のしるしにとて送られし貝の一ひらを見れば大わだつみのよろづの波をめるとぞ言ひし言の葉こそ思ひいでらるれ
藤村詩抄:島崎藤村自選 (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
門を出て右へ曲ると、智惠子はと學校を振返つて見て、『氣障な男だ。』と心に言つた。故もない微笑がチラリと口元に漂ふ。
鳥影 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
やう/\あきらかなとなつて彼女した不安は、でもでも彼女傷所——それは羞耻侮辱や、りやひや
(旧字旧仮名) / 水野仙子(著)
写真を掲げた一図は高野山に蔵せられる「聖衆来迎図」のほんの一部分、中央阿弥陀如来の向って右に跪坐する観世音菩薩の像である。
美の日本的源泉 (新字新仮名) / 高村光太郎(著)
隠居した後も、道を行きつつ古草鞋を拾って帰り、水に洗い日にして自らみ、出入の左官に与えなどした。しかし伊兵衛は卑吝では無かった。
細木香以 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
く、丁晋公臨終前半月、はず、香をいて危坐し、黙して仏経をす、沈香の煎湯を以て時々少許る、神識乱れず、衣冠を正し、奄然として化し去ると。
連環記 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
いつの間に無礼講の席を遁がれて、このような所へ来たものか、白芙容の咲いているそれを横手に大地に跪座して謹ましく、そう言上しているのであった。
あさひの鎧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
あたかも浪の打附って様々に砕くるのが、に輝き、夕陽に燃え、月にあらわれ、時雨にかくるる、牡丹の花に、雌雄の獅子の狂うを自然に彫刻んで飾ったような、巌を自然の石垣は
わか紫 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
前にいう通り、この五輪の石塔のの何者だということは、碑面にはまさしくんではあるが、暮色糢糊たるがために、読むことができなくなっていました。
大菩薩峠:22 白骨の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
かの賤女いかに美しとて、決して我を誘ひ寄すること能はざるべし。夫人。吾友よ、われは明におん身の心を知れり。にはその心に初戀の充牣したるため、些の餘地だになかりき。
今にも息を引取るか、なぶり殺しに切刻まれてでもいそうです。
星女郎 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
先ずハムの湯煮たのと鶏肉の湯煮たのとを四分六分位の割で細かくんでして裏漉しにします。
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
火勢をで伸して注ぎかけるホースのように、数条の登り竜は、くきくきと天上に昇っては花影の余抹んで満口の火粉を吹き、衰えては降り、また登って行きます。
生々流転 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
芳子がその二階に泊って寝ていた時、もし自分がこっそりその二階に登って行って、遣瀬なき恋を語ったらどうであろう。危座して自分をめるかも知れぬ。声を立てて人を呼ぶかも知れぬ。
蒲団 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
ひどく小刻みなのもそぐはないものを感じさせます。
それは決して、平日机坐の学問から受けたものではない。
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
晴さんとの惡念しけるこそ恐ろしけれ斯て吾助はあれかしとひけるに喜内は何事も愼み深く其上武術に達しければひに手出をて仕損じては一大事と空敷半年餘りを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
炙は人肉を炙ること、腊は人肉を乾すこと、醢は人肉をみ、麹や鹽を雜へて酒漬にすることで、何れも人肉を食用に供することを前提とした調理法に過ぎぬ。
一 私儀狂言作者志望につき福地先生門生相成貴座楽屋へ出入被差許候上者劇道の秘事楽屋一切の密事決而口外致間敷依而後日のため一札如件
書かでもの記 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
見ると智真上人以下、大講堂の廊には、常ならぬ威儀で役僧全部で並んでいた。彼を見るやいな、まず都寺起坐して
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
諄々黒暗てあなたの様な知りの御方に浅墓心入愛想つかさるゝもおそろし、さりとて夢さら御厚意にするにはあらず、やさしき御言葉は骨にんで七生忘れませぬ
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
稲の穂の千田をなし靡く時唯ならぬかな姥捨の秋
晶子鑑賞 (新字旧仮名) / 平野万里(著)