“観世音菩薩”のいろいろな読み方と例文
旧字:觀世音菩薩
読み方(ふりがな)割合
かんぜおんぼさつ89.5%
くわんぜおんぼさつ10.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“観世音菩薩”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 地理・地誌・紀行 > アジア50.0%
芸術・美術 > 彫刻 > 仏像50.0%
芸術・美術 > 芸術・美術 > 芸術史 美術史20.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
敬礼救世きょうらいぐぜ観世音菩薩かんぜおんぼさつ妙教流通みょうきょうるづう東方日本国とうほうにっぽんこく。」
夢殿 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
すなわち一体は文珠菩薩もんじゅぼさつ、次は観世音菩薩かんぜおんぼさつ、次は金剛手菩薩こんごうしゅぼさつである。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
その文句もんくなんでも観世音菩薩くわんぜおんぼさつの「庭にとしゑんじゆこずゑ」に現れるとかなんとか云ふのだつた。
(新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
僕はそのゑんじゆの若木を見、そのどこか図案的な枝葉えだは如何いかにも観世音菩薩くわんぜおんぼさつの出現などにふさはしいと思つたものである。
(新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)