“虚言”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うそ72.1%
きょげん11.8%
そらごと5.9%
いつわり2.9%
きよげん1.5%
いつはり1.5%
ぞら1.5%
たわごと1.5%
むなこと1.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
秘密にする必要がない事でも、君江は人に問われると、唯にやにや笑いにまぎらすか、そうでなければ口から出まかせな虚言をつく。
つゆのあとさき (新字新仮名) / 永井荷風(著)
「御卑怯である。信長は、あなたのお生命など、こうなっても戴こうとしておるのではない。——なぜ、虚言をかまえられるか」
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
斉信がある時「そぞろなる虚言」を聞いて彼女をひどくののしったことがある。「どうしてあんなやつを人と思ったろう」とさえ人前で言ったというのである。
日本精神史研究 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
「さっき、弦之丞様に頼まれて来たといやったのは、この身を、誘いだす虚言であったのか」
鳴門秘帖:06 鳴門の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
蒙り候事口惜き次第に存じ奉つり候右新藤市之丞なる住所相知れ候へば私し虚言に之なき御分り相成べき儀に付何卒御威光
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
既にその高品の心なる事を示し、追ひ払はれたる後に後悔の言葉、または末段の「虚言を云ふまじと、毎朝天道氏神を祈りしかども、若き者の悲しさは、只今非業にんとは思ひも寄らず」
「歌念仏」を読みて (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
らも峯松の同類にえねえ、伊香保の木暮八郎ンにお前方逗留して居る時分、ア知んねえけれども、何だか御用達の旦那さまだとか金持だとかなま虚言いて
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「聞く人のにせむを、しき清きその名ぞ、に心思ひて、虚言の名つな、大伴のと名にへる、健男
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)