日本精神史研究にほんせいしんしけんきゅう
今度版を新たにするに当たり、全体にわたって語句の修正を施し、二、三の個所にはやや詳しく修補を加えた。が、根本的に変更したものはない。もともと習作的な論文を集めたものであるから、根本的な改修は不可能である。自分が念としたのはできるだけ誤謬を少 …
作品に特徴的な語句
うるわ こり まぬか アートマン もとお くん いな うま かくろ こえ ひややか きょう いわく まお とぶら うるわ 強請ごうせい むらじ はる こご さまた こうがい はんべ しょう こう うわ さば ごん はた そなわ 内外ないげ 傍人ぼうにん あと こう かな いい 七月ふみつき おも 生々ういうい 声色しょうしき たえ 出来いできた 月光がっこう ことば ぎょう 退しりぞ ばや 直下ちょっか 旅人たびと ひとつ こころ ことさ かわ いつく 単衣ひとえぎぬ きりひら こだわ ばら そこな 当時いま まさ 大臣おおおみ ばかり まさ じゅ ころもで じゅ もと ひら あて ちご まこと おそろ 直道じきどう こうべ あと 大神おおみわ 自然じねん こや 仰山きょうざん ほう こと ない 纏繞てんにょう おとな 御意みこころ 言語ごんご