“無”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
44.0%
21.9%
14.7%
4.8%
なか2.9%
なく1.9%
ない1.7%
なけ1.0%
なき1.0%
1.0%
なし0.7%
なさ0.7%
いな0.5%
なから0.5%
なみ0.5%
ねえ0.5%
0.5%
0.2%
ねへ0.2%
ふい0.2%
みな0.2%
ネエ0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ならではとゆるまでに結做したる圓髷きに、珊瑚六分玉後插じたれば、白襟冷豔ふべきく——
火の用心の事 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「一寸お待ちなせエ、戸締のい家たア随分不用心なものだ、れ程貧乏なのか知らねいが」と彼の剽軽なる都々逸の名人は冷罵
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
もちろん、老人とならなかったばかりか、B医師は、老人きだったらしいすいせんを病院えたのでありました。
三月の空の下 (新字新仮名) / 小川未明(著)
「首がうても、当節の役人は、袖の下で、何とでも成る。殺しておけば、津軽も、命には代えられんと思うから、檜山を返すであろう」
三人の相馬大作 (新字新仮名) / 直木三十五(著)
避ける工夫は仕てッた、殺すと早々逃たのだろう、余り智慧のしい男では無いと見える、此向なら捕縛すればに白状するだろう
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
懸けければ此方は彌々愕然し急に顏色蒼醒後の方を振返るに召捕と云間も有ず數十人の捕手より走り出高手小手に
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
新聞を拾読していたお政は眼鏡越しに娘を見遣ッて、「欠びをして徒然としていることはやアね。本でも出して来てお復習なさい」
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
しに驚き旅宿屋の主人だけりもなき客のに出立せしはにも不審なりとて彼の座敷をめしにる事もれば座敷を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
身に何樣なる出世もなるを娘に別れ孫を失ひ寄邊捨小舟のかゝる島さへぞとりに泣沈めり寶澤は默然と此長物語を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
そこに球突塲があつたので聊のまゝ運動がてら二十といふあたりからひ出したのが、病みつきのめだつた。
文壇球突物語 (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
見ても海軍原で殺して築地三丁目の河岸へ捨るに一町もで行く筈も(大)夫では家の内で殺したのか(谷)聞たまえと云うのに
無惨 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
主人ながら友達共思ふ仲よしのかうはた物の、言過て病にさわりはせぬかと今更冷汗色をかえての心配顏、嬉敷に附我身のかひ堪兼て夜着に顏差入て忍なき
うづみ火 (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)
狗子還有仏性也無[狗子にまた仏性有りやや]の問答についても同様の事が言える。
日本精神史研究 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
『北越雪譜』の中の雪中の虫のところに「金中虫あり、雪中んや」というのがありますね」という話をしてくれた。
語呂の論理 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
日来武に誇り、本所する権門高家の武士共いつしか諸庭奉公人と、或は軽軒香車の後に走り、或は青侍格勤の前にく。
四条畷の戦 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
曲「あ痛うごぜえやす、何う云う訳だって、全く覚えがんでごぜえやす、只慌てゝが……」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
今朝の嵐は、嵐ではげによの。大堰川の川の瀬の音ぢやげによなう。(閑吟集)
「さうや さかいに」 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
何有ハア、俺みたいな惡黨女にや神樣も佛樣もる時でえば用ア無えどもな。何だべえせえ。
赤痢 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
たとて大敗軍ももんだ其樣な少量な事を聞へ此馬鹿八めとるにぞ目玉の八は負腹にて心地宜らぬ折柄故大いにナニ馬鹿八だと此拔作め口の横にに餘り大造を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
その後は市内働きと事きめ就働しりしも、不拍子の時は不拍子々々々と或程度まで重なるものにて或時は主人破産せし為め働き金も大半になり
新らしき祖先 (新字旧仮名) / 相馬泰三(著)
取られて取られて、とうとう、のう、御主人へ持ってく、一樽のお代をにしました。処で、自棄じゃ、賽の目がに見えて、わいらの頭が五十ある、浜がぐるぐる廻るわ廻るわ。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
田打櫻でも、蕗臺でも、彼處田畔ガラ見れバ花見だデバせ。弘前公園地觀櫻會だけヤエにお白粉アポツポドするエンタ物でネ。フン! 二十六タテ何ア目ぐせバ。
地方主義篇:(散文詩) (旧字旧仮名) / 福士幸次郎(著)
それでは、曙覧の潔い志の、になる機会ばかりが多かつたに違ひない。それでも、本家に近く居る事の煩はしさはあつたであらう。
橘曙覧評伝 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)