三月の空の下さんがつのそらのした
花の咲く前には、とかく、寒かったり、暖かかったりして天候の定まらぬものです。 その日も暮れ方まで穏やかだったのが夜に入ると、急に風が出はじめました。 ちょうど、悪寒に襲われた患者のように、常磐木は、その黒い姿を暗の中で、しきりに身震いしてい …
作品に特徴的な語句
しょう づつ うえ あじ ほう もと 住宅じゅうたく らく けん ぶん がつ 燈火とうか 独身どくしん がた かか さだ 少女しょうじょ おだ なか あたま おと しず よこ ひか ひら はい 内部ないぶ もん ぱい 助力じょりょく 道理どうり やみ 方向ほうこう ほう そと よる 夜明よあ こと くる しつ いえ 容易ようい わか 手当てあ わたくし 左右さゆう きゅう しき つよ かれ 彼女かのじょ 老人ろうじん いそが 心得こころえ 気持きも 注射ちゅうしゃ 湯気ゆげ ほろ 火鉢ひばち ほのお すみ 独立どくりつ 球根きゅうこん おとこ まち つか 病院びょういん わたし こた 紙箱かみばこ 終生しゅうせい むか かね とお 近所きんじょ 跫音あしおと