“炭”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
すみ83.7%
ずみ8.2%
2.0%
すみイ2.0%
たん2.0%
タン2.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すると、は生まれつきせっかちだったものですから、このできたばかりの橋の上を、むてっぽうに、ちょこちょこかけだしました。
光線が太陽から地球迄届く時間を知っていれば豪いようだが、今飛んだの火の行方が分らずに、火事にはなりはしまいかと心配するようでは馬鹿気ている。
いたずら小僧日記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
と、美しくなおが、白くかな手で、びつを取つて引寄せた。
妖魔の辻占 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
毎日々々炭車に積んで青山へきやんすが、押原横町のお組屋敷へは車を曳込む事が出来やしねえから、横町へ車を待たして置いて、彼所から七八町のい間担いできやんすのだが
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
声なくてを掻く音
幻想 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
「皆んなここで石炭をブチ撒けて引きあげろ。をあけて行くんだ」
坑鬼 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)