坑鬼こうき
室生岬の尖端、荒れ果てた灰色の山の中に、かなり前から稼行を続けていた中越炭礦会社の滝口坑は、ここ二、三年来めきめき活況を見せて、五百尺の地底に繰り拡ろげられた黒い触手の先端は、もう海の底半哩の沖にまで達していた。埋蔵量六百万噸——会社の事業 …
作品に特徴的な語句
いそぎ タン うす うつ しずく おのず しゃが いじ 何人なんびと 磁石マグネット いが 捲立まきたて 失敗しま 行違ゆきちがい 坑外そと かな かじ しか たぎ かつ 古井ふるい へこ 火照ほてり から ふく かすり まと 締縄しめなわ 算盤そろばん 竹簀たけす みは しび 遣口やりくち もたら 鶴嘴つるはし 鳩尾みぞおち わに 魂消たまげ あめ かんぬき こじり 鉄槌かなづち 遮切さえぎ 膂力りょりょく 跫音あしおと あか 貴方あなた ひだ 消甕けしがめ 菊池きくち へそ たこ おとり トン マイル しな 咄嗟とっさ 呶鳴どな 周章あわ 吃驚びっくり 可笑おか 坩堝るつぼ かし そば 俯向うつむ にわか 他所よそ 丸山まるやま 中越ちゅうえつ 両親ふたおや 明々あかあか 獅噛しが 牡蠣かき 炭車トロ 炭坑やま みなぎ 浅川あさかわ 流石さすが 水甕みずがめ 殿軍しんがり 瓦斯ガス 採炭しごと てのひら 慓悍ひょうかん 悪戯いたずら ついで 峯吉みねきち 守宮やもり