“魂消”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
たまげ82.0%
たまぎ13.9%
たま1.6%
たまき0.8%
たまざ0.8%
たんぐわ0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
魂消た気の毒な顔をして、くどくどをいいながら、そのまま、跣足で、雨の中を、びたびた、二町ばかりも道案内をしてくれた。
河伯令嬢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ちええ、面倒だ。と剣をい、胸前目懸けて突込みしが、心きたる手元狂いて、肩先ぐざと突通せば、きゃッと魂消る下枝の声。
活人形 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
気絶する程の魂消げようでガタガタ震い出しまして、どうぞこればっかりは……と手を合わせての頼みで御座います。
男女いずれとも分らぬ魂消るような悲鳴が、その後に鋭く起った。
蠅男 (新字新仮名) / 海野十三(著)
短銃の筒口に濃き煙の立つと同時に泰助が魂消る末期の絶叫、第三発は命中せり。
活人形 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)