河伯令嬢かはくれいじょう
——心中見た見た、並木の下で しかも皓歯と前髪で—— 北国金沢は、元禄に北枝、牧童などがあって、俳諧に縁が浅くない。——つい近頃覧たのが、文政三年の春。……春とは云っても、あのあたりは冬籠の雪の中で、可心——という俳人が手づくろいに古屏風の …
作品に特徴的な語句
おおお せま かみのけ きびし 微笑にっこり はさん ひッ ことづか あけ 可傷いた ぶり あかし さびし かい おッ まじわ かど ずき がまえ くど 当時とき ごえ おろ うつ 男子おとこのこ はんべ うま 退すさ 一飛ひとッとび ついえ はずか ねがわ 姿態なり つき はじ やまい 俺等おらっち 小刀ちいさがたな ひとつ うも 幽寂しん おさま まっ あやぶ しま はだ 木理ぼくり 目覚めざまし わらい 泡沫あぶく おおき ほっ かつ 芭蕉じい すき やさし ほど つらな ことば おぼえ 紅羅がんび 酒造さけづくり とも おく 危懼あぶなっかし 間々あいあい のぶる かわおそ ほっそ 甜瓜まくわ きれ 轡頭くつわ つめた かむり ひらき 顧客かいて あまり けわし やわらか 一時ひとしきり きもの くう すそ 対向むこう 一尾ひとつ ぴき まこと あかる 独言つぶや 取憑とッつ 胡蝶ちょうちょう わし あらた たたり