“嶮”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
けわ64.7%
けん20.5%
けは9.8%
けわし1.9%
けはし1.4%
さが0.9%
こゞ0.5%
さか0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼のそんな感情の鬱積やしさも、いまのような気まかせなパリのアパルトマン暮しの中でおだやかに溶け去っているように見える。
道標 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
その天空に浮遊するかの如き、にして美なる林道を「天の浮橋」と呼ぶそうであるが、何よりも喬木林の陰森さにおどろかされる。
不尽の高根 (新字新仮名) / 小島烏水(著)
この坂の中しさのいたく破るゝ處より、一の日輪世に出でたり——あたかもこれがをりふしガンジェより出るごとく 四九—五一
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
が、もう目貫の町は過ぎた、次第に場末、町端れの——と言うとすぐにな山、い坂になります——あたりで。
雪霊記事 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
が、目貫ぎた、次第場末町端れの——とふとすぐにります——あたりで。
雪霊記事 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
しい人心の世でもあつたと覚えるのは、史上に盗の多いので気がつく。
平将門 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
アンデスの巖根しき山のの鋭どき目かもコンドルの目は
河馬 (旧字旧仮名) / 中島敦(著)
我里は木曾の谷の、名に負ふ神坂の村の、しき里にはあれど、見霽しのしき里、美濃の山近江の山、はろばろに見えくる里、恵那の山近くえて、胆吹山髣髴にも見ゆ。
夜明け前:04 第二部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)