雪霊記事せつれいきじ
「このくらいな事が……何の……小児のうち歌留多を取りに行ったと思えば——」 越前の府、武生の、侘しい旅宿の、雪に埋れた軒を離れて、二町ばかりも進んだ時、吹雪に行悩みながら、私は——そう思いました。 思いつつ推切って行くのであります。 私はこ …
作品に特徴的な語句
おもいもの 可愛いとし 俯向うつむか 穿はき あい 筒袖こいぐち やさし 容易やさし つめた 地方いなか おおき ことば ほっそ けわし いにしえ もと とう はし 飛退とびさが さわやか 冷水おひや ぜん 可懐なつかしさ かさな よね 裲襠かいどり ステッキ あやし 憧憬あこが にん あらわ わたくし 片端かたっぱし 音信おとずれ じっ すさま たた 卓子テエブル 可懐なつかし すず 呵々からから うな はるか ながれ すか 宿しゅく そっ たず べに かか いわ かすか 結立ゆいた あたたか 後言くりごと 繁茂しげり 故郷くに かか もち 真白まっしろ 鷹揚おうよう 睫毛まつげ たしか 磨汁とぎしる やしろ 祇園ぎおん 神寂かんさ 穿 やつ 立場たてば 立状たちざま こうがい はず かぞ 簾中れんちゅう 粉雪こゆき 細流せせらぎ 綺麗きれい 緋葉もみじ しま 耳朶みみたぶ そび 肘枕ひじまくら なべ 革鞄かばん おもて しずか 青柳あおやぎ たか かど 邸町やしきまち 逡巡しゅんじゅん 道連みちづれ うなじ
題名が同じ作品
雪霊記事 (旧字旧仮名)泉鏡花 (著)