雪霊記事せつれいきじ
「このくらいな事が……何の……小児のうち歌留多を取りに行ったと思えば——」 越前の府、武生の、侘しい旅宿の、雪に埋れた軒を離れて、二町ばかりも進んだ時、吹雪に行悩みながら、私は——そう思いました。 思 …
作品に特徴的な語句
祇園ぎおん 立場たてば 花片はなびら 目貫めぬき 可懐なつかしさ 越前えちぜん 鶏卵たまご 脚気かっけ 一棟ひとむね 苔蒸こけむ 円髷まるまげ 皐月さつき 怨霊おんりょう そそ 道連みちづれ 北国ほっこく 虎杖いたどり 風説うわさ いただき 呵々からから 青柳あおやぎ 山裾やますそ 裲襠かいどり 歌留多かるた たぼ 蔦屋つたや 粉雪こゆき 飛退とびさが 三十路みそじ 大濤おおなみ 柔順すなお 侘住居わびずまい 山颪やまおろし 高足駄たかあしだ 九歳ここのつ 河内かわち 越路こしじ 冷水おひや たか 白絣しろがすり 革鞄かばん 萱葺かやぶき 小流こながれ 旅宿やど おと 簾中れんちゅう 守護神まもりがみ 緋葉もみじ 蘇返よみがえ 刀鍛冶かたなかじ 真俯向まうつむ 頭陀袋ずだぶくろ 武生たけふ 繁茂しげり 地方いなか 細流せせらぎ 引被ひっかぶ 情深なさけぶか 肘枕ひじまくら 硝子杯コップ 町端まちはず 畷道なわてみち 神寂かんさ 峠路とうげみち 今庄いまじょう 結立ゆいた 吹捲ふきま 後言くりごと 四畳半かこい 煽立あおりた 山家住居やまがずまい 押揺おしゆす 荷担夫にかつぎふ
題名が同じ作品
雪霊記事 (旧字旧仮名)泉鏡花 (著)