“簾中”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
れんちゅう83.3%
れんじゅう5.6%
れんちう5.6%
れんぢう5.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
の国主の貴婦人、簾中のようにえられたのが名にしおう中の河内山裾なる虎杖の里に、寂しく山家住居をしているのですから。
雪霊記事 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
と見ると、藤紫に白茶の帯して、白綾衣紋ねた、黒髪のかなるに、鼈甲中指ばかり、ずぶりと通した気高き簾中。立花は品位に打たれて思わずが下ったのである。
伊勢之巻 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
近國知事りました……とこそへ、情深く、いのを、國主貴婦人簾中のやうにへられたのがにしおふ河内山裾なる虎杖
雪霊記事 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
知べき筈なしとめられしに山内は嘲笑御面部また御音聲まで似奉る事お咄し申さんに紀州大納言光貞公の御簾中は九條前關白太政大臣の姫君にてお高の方と申し其お腹に誕生まし/\しは則ち當時將軍吉宗公なり御幼名を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)