“衣紋”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
えもん99.4%
ゑもん0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
八五郎は急に衣紋を正したりするのでした。親分にかう褒められたのは、三年前御府内荒しの三人組を手捕りにした以來のことです。
彼は何かに酔ひしれた男のやうに、衣紋もしだらなく、ひよろ/\とけながら寝室に帰つて、疲れ果てて自分の寝床にし倒れた。
An Incident (新字旧仮名) / 有島武郎(著)
いゑ中々やうに遠方ばかりでは御座りませぬ、追々にと衣紋いて咳拂ひすれば、小間使くして似合頃惡口すやらと尻目めば
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)