“衣服”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きもの76.2%
いふく7.8%
なり4.8%
みなり3.0%
べべ1.7%
おべべ0.4%
ゐふく0.4%
きるもの0.4%
ころも0.4%
いしょう0.4%
うはぎ0.4%
えふく0.4%
おめし0.4%
こそで0.4%
ごろも0.4%
べゞ0.4%
みけし0.4%
めし0.4%
キモノ0.4%
トバ0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其跡入違つてたのは、織色羽織結城博多の五本手衣服茶博多めました人物、年齢四十五六になる。客
世辞屋 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
に參らんとより受出して來たる衣服省愼の大小をし立派なる出立に支度なして居たる處へ同じ長家に居る彼張子釣鐘
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「ナニ今日はあんなお嬢様然とした風をしているけれども、にいる時は疎末衣服で、侍婢がわりに使われているのです」
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
子供心にも此樣子不審つたといふは、其男衣服から風采から擧動までが、一見百姓です、純然たる水呑百姓といふ體裁です
日の出 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
また或冬万作が黐網で鴨をとって来て毛をひくのを見て、「あらとっちゃん、とっとの衣服をとってしまうの。とっとが寒い寒いって泣くわ」
漁師の娘 (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
ちゃん、いらッしゃい、衣服を着て見ましょう——温順しくしないと、東京へ連れて行きませんよ」
芽生 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
快活なる武村兵曹がやつてて、武骨なる姿親切に、吾等海水み、天日されて、ぼろ/\になつた衣服取更へやら、洗湯世話やら、日出雄少年には
行者はいかりたるもなく、なにともいはず衣服てかたへの水楊にかけ、赤裸になりて水をまゐりする方をふしをがみ、武士の手をとりて引起しければなにのくもなくおきあがり
8 海の水流れで、胎内より湧き出でし時誰が戸をてこれを閉じこめたりしや、9 かの時我れ雲をもてこれを衣服となし、黒暗をもてこれが襁褓となし
ヨブ記講演 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
嫁入の時に持って来た衣服道具などはいつしかもうこの無情な夫の遊蕩となって失われておった。
二面の箏 (新字新仮名) / 鈴木鼓村(著)
若し共産主義者の目から見るとすれば、クリストの言葉はく共産主義的宣言に変るであらう。彼に先立つたヨハネさへ「二つの衣服を持てる者は持たぬ者に分け与へよ」
続西方の人 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
「なにネ、先生と貴郎衣服を持つて来ましたの、皆さんの所からまらなかつたものですから、大層遅くなりましてネ、——此頃は朝晩めつきりつきますから、定めて御困りなすつたでせうネ」
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
雪のように白き顔少しはじらいて。ほおのあたり淡紅をおびたる。髪は束髪にたばねて。つまはずれの尋常なる衣服は。すこしじみ過ぎし七ツ下りの縞縮緬
藪の鶯 (新字新仮名) / 三宅花圃(著)
丹誠一つで着させても着させ栄えなきばかりでなく見とも無いほど針目勝ち、それを先刻は頑是ない幼心といひながら、母様其衣は誰がのぢや、小いからは衣服
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
かれ大國主の神、出雲の御大御前にいます時に、波の穗より、天の羅摩の船に乘りて、の皮を内剥ぎに剥ぎて衣服にして、り來る神あり。
『お衣服をお着更になつてから召上つたら如何御座います。』とは主人の窮屈さうな様子を見て、恐る/\言つた。御気慊を取るでもあつた。何故主人が不気慊であるかも知つて居るので。
節操 (新字旧仮名) / 国木田独歩(著)
かく言いしかば、欺かえて列伏せりし時に、吾其上を読み度りし来て今、地に下りんとする時に、汝は吾に欺かえつと言い竟れば、即ち最端に伏せる和邇、我を捕えてに我衣服を剥ぎき。
比較神話学 (新字新仮名) / 高木敏雄(著)
馬子にも衣裳というがこんな衣服を引っぱっているとどうしたってしがない雑報記者とは見えまい。その上俺の面相はこれでも相当高尚だから、多分侯爵ぐらいには見えたのかも知れぬ。
魔都 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)