“其衣”の読み方と例文
読み方割合
それ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
で、昼御膳を其家で済まし布施には金と法衣を一枚貰いました。其衣は羊毛でえた赤い立派な物で、買うと三十五円位するそうです。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
丹誠一つで着させても着させ栄えなきばかりでなく見とも無いほど針目勝ち、それを先刻は頑是ない幼心といひながら、母様其衣は誰がのぢや、小いからは衣服
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
それから自分の着て居る着物はれては居りますが、其衣も帯を解いて脱いでしまって向うの岸へりつけ下着もその通りに投りつけて丸裸体になりましたが
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)