チベット旅行記チベットりょこうき
チベットは厳重なる鎖国なり。世人呼んで世界の秘密国と言う。その果たして然るや否やは容易に断ずるを得ざるも、天然の嶮によりて世界と隔絶し、別に一乾坤をなして自ら仏陀の国土、観音の浄土と誇称せるごとき、見 …
作品に特徴的な語句
夜叉やしゃ びん 鍛冶屋かじや 通夜つや 修羅しゅら 凄味すごみ にれ 采配さいはい 嫌疑けんぎ 詰問きつもん ひえ 突兀とっこつ もんめ 脱兎だっと 物識ものしり 始末しまつ 供養くよう 千切ちぎ 化身けしん 和泉いずみ 譴責けんせき 加減かげん 戦争いくさ 沙漠さばく 鞭撻べんたつ ざか 後家ごけ 山羊やぎ 和睦わぼく 閑暇ひま 伽話とぎばなし 権柄けんぺい 淋漓りんり 無碍むげ 銘々めいめい 目貫めぬき 敷衍ふえん 清冽せいれつ すし 唐草からくさ 市街まち 胡乱うろん 冥土めいど 巍然ぎぜん 瑪瑙めのう 軽業かるわざ かす 胡座あぐら 蓮華れんげ 重畳ちょうじょう 稀薄きはく 谷間たにま らち 山麓さんろく 弥生やよひ 馬士うまかた 天秤棒てんびんぼう 成仏じょうぶつ 縁起えんぎ 居士こじ 拳骨げんこつ 遮断しゃだん むし 思惑おもわく さん 濶歩かっぽ 轟然ごうぜん 賜物たまもの 三途さんず 外道げどう 嶮岨けんそ 相俟あいま 真夜中まよなか 音頭おんど 御挨拶ごあいさつ 杜鵑ほととぎす 脳裡のうり 茅葺かやぶ まんじ 厨子ずし 沮喪そそう 辞儀じぎ 窮屈きゅうくつ 仁王におう 胡魔化ごまか 鼻唄はなうた 怯懦きょうだ 蹉跌さてつ 齷齪あくせく 一廉ひとかど 五日いつか 剃髪ていはつ 口吟くちずさ 捏造ねつぞう 狙撃そげき 経文きょうもん 読経どきょう 身顫みぶる うち 乾坤けんこん