チベット旅行記チベットりょこうき
チベットは厳重なる鎖国なり。世人呼んで世界の秘密国と言う。その果たして然るや否やは容易に断ずるを得ざるも、天然の嶮によりて世界と隔絶し、別に一乾坤をなして自ら仏陀の国土、観音の浄土と誇称せるごとき、見るべきの異彩あり。その風物習俗の奇異、耳 …
作品に特徴的な語句
使 宿 つき ちゃ まんじ ちご ふみ 西 いじめ ましま 百三十 小石 おし こうば 良人ていしゅ 下婢しもめ しめ はま しめ うち 交際つきあわ つくも 風俗習慣 便ちょうず 西 とこしな さが しん 商売本場 雪峰 なく 逡巡あとじさ ひら かみ つづく きつ つこ たも おまい つむ じょく くわ つい 僧侶比丘尊者 さま ように漆 こいねがわ きわま 父親おや とぼ 頑固かたくる うるわ じか 目眩まぶし ぬすと たも 師匠外護者 二時翌朝の四時 まじわ 依頼命令 まっ のう こや へだて 種々しゅじゅ 阿父おと ちょう とどろか 冷笑せせらわら ちょうずば