“完”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
まっと37.7%
まった29.1%
まつた12.6%
おわ4.6%
まつ3.3%
をは2.0%
1.3%
まっ1.3%
まっとう1.3%
マッタ1.3%
0.7%
かん0.7%
くわん0.7%
ととの0.7%
まつと0.7%
まと0.7%
ツヒ0.7%
マット0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
余はこの時立ちながら心ので、要するに千山行を撤回した方が、馬術家としての余の名誉をうする所以ではなかろうかと考えた。
満韓ところどころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
用いたくない美しさ、かかる美を正しい美と呼ぶことはできぬ。美を欠く器は、き用器ではなく、用を欠く器は全き美器ではない。
工芸の道 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
汝等は羽ある蟲のからず、這ふ蟲の未だ成り終らざるものに似たるに、汝等の精神何すれぞ高く浮び出づるや 一二七—一二九
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
ここまで話すと、電車が品川へ来た。自分は新橋で下りるである。それを知っている友だちは、語りらない事をれるように、時々眼を
片恋 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
たく古山と合議の結果だ。或は古山の方が當の發頭人であるかも知れない。イヤ然うあるべきだ、この校長一人丈けでは、如何して這麽元氣の出る筈が無いのだもの。
雲は天才である (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
さう云ふがまだらない中に、蛇の頭がぶつけるやうにのびたかと思ふと、この雄辯なる蛙は、見るにその口にへられた。
(新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
その制約は男役が男になりきることをも制約し、つまりったき男女関係は封ぜられておるから、男役は妙な中性に止まらざるを得ぬような不自然なところがあったようだ。
この後もなおいかなる艱難が起ってもあくまで進んでその艱難を切り抜けて、いささか仏法のためにする志望をとうしたいものであるという考えを起しました。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
日本軍の中には赤十字の義務をして、敵より感謝状を送られたる国賊あり。れどもまた敵愾心のために清国の病婦をえて、犯し辱めたる愛国の軍夫あり。委細はあとより。
海城発電 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ヤ不才、計ヲ問イ、ヲ求ム、皆君ガ神算ニヅ。呉ヲケ、曹ヲ討チ、劉ヲ安ンジ、首尾掎角、為ニシ、嗚呼公瑾今ヤ永ク別ル。何ヲリ何ヲカ望マン。
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
此によりてたゝへへまつらば、皇御孫の尊の朝廷に御心暴(いちはや)び給はじとして……天つのりとの太のりと言をもちて、たゝへ言へまつらくと申す。
国文学の発生(第二稿) (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
𤞵字音豹と『康煕字典』にあるのみ、説明がない。しかしと同音故、獾の字を𤞵と書いたと見える。郭璞の『爾雅』註に猯と獾を一物とす。
余等興味して傾聽したのは、權現臺貝塚歴史であつて、最初野中發見したのを、してたので、其頃發掘をせずとも、表面をチヨイ/\掻廻してれば、土偶
友三郎さんが何食わぬ顔で西川家の店先へ現れた時は手筈が万端っていたのだった。その次の日曜に伯父さんは
脱線息子 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
命をはつて、ただ現在の生存をうしてゐたといふだけのことなのである。
家康 (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
この玄関払の使命をうしたのがペンである。自分は嘘をつくのは嫌だ。神さまに済まない。然し主命もだし難しで不得已嘘をついた。
漱石氏と私 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
茨田(まむだ)の堤(又は媛島)に、雁がを産んだ事件があつて、建内宿禰が謡うた(記・紀)と言ふ「汝がみ子や、らむと、雁は子産らし」を、本岐(ほぎ)歌の片哥として居る。
国文学の発生(第二稿) (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
復仇ノ事、必ズ、時ノ奉行ニ至リテ、理非、黒白ヲ明カニシ、ソノ命ヲ受ク。コレ古来ノ法ナリ。世説ニ、奉行ヘ告グルハ、身ヲウセントスル心アルヤニ似タリ。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)