“まっと”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:マット
語句割合
55.3%
43.7%
真人1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
うするように計っている——とは聞かされてもいるが、頼朝としては何となく今以て、甚だその人に会い辛い心地にあるのだった。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
蝦夷のシャグシャインやツキノイ、南の小島では赤蜂本瓦与那国鬼虎のごとき、容貌魁偉なる者は多くは終りをうしなかった。
山の人生 (新字新仮名) / 柳田国男(著)