“ちゃっ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
25.0%
25.0%
25.0%
25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
林「あはゝゝゝ何だか田舎漢のいう事はとも解らねえものだなア、えゝお菊さん只今帰りました」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
自分でかり佐々木はうまいものだ! にしてしまって、下手の横好きという俗諺の通りに、私は到頭、文章家として立とうと決心したのであった。
……い残りのこい鰯子が、チ、チ、チ、(笑う。)……青いの行列で、巌竃の中を、きらきらきらきら、日南ぼっこ。
貝の穴に河童の居る事 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
あのおぴいめ、ついこないだまで竹馬に乗ったり、学校の生徒に引張り出されちゃあ田圃でぶらんこをしていたっけが、どうだい、一番この男とおっこちゃあがって、それ、お歳玉内証だよ
湯島詣 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)