湯島詣ゆしまもうで
紅茶会三両二分通う神紀の国屋 段階子手鞠の友湯帰り描ける幻 朝参詣言語道断下かた狂犬源兵衛 半札の円輔犬張子胸騒鶯 白木の箱灰神楽星 「紅茶の御馳走だ、君、寄宿舎の中だから何にもない、砂糖は各々適宜に …
作品に特徴的な語句
不便ふびん 反身そりみ 人魂ひとだま 唐桟とうざん 脱兎だっと 揉手もみで 身悶みもだえ かも あさひ 孤児みなしご 母娘おやこ 小倉こくら 掻巻かいまき なつめ 緋縮緬ひぢりめん 見覚みおぼえ 満腔まんこう 度胆どぎも すし 傾城けいせい くら 冥土よみじ 海苔のり 一室ひとま 可懐なつか 素袷すあわせ 駒下駄こまげた 島田髷しまだ 引緊ひきし 落語家はなしか 年寄としより 杜鵑ほととぎす 硝子窓がらすまど 花簪はなかんざし 詮方せんかた 鳶頭かしら 腕車くるま たつ 母衣ほろ 爪尖つまさき 名告なの 口吟くちずさ 呑込のみこ 身顫みぶるい 三人みたり 根太ねだ 磨硝子すりがらす みまわ 人品ひとがら 突当つきあたり 破目やぶれめ 土器かわらけ 一先ひとま 因業いんごう 妙齢としごろ 平打ひらうち しおり 渓川たにがわ 火屋ほや 神仏かみほとけ 苦患くげん 崩折くずお 莨入たばこいれ 七歳ななつ 面当つらあて かつお 串戯じょうだん 瓦斯燈がすとう 膳立ぜんだて 莞爾々々にこにこ すし 毎月まいげつ 蹴込けこみ 野幇間のだいこ 表向おもてむき そそ 名高なだけ 気取きどり 一群ひとむれ 籠城ろうじょう 流眄ながしめ 御気色みけしき 内端うちわ 御膳ごぜん 片肱かたひじ 駈出かけだ 鳩尾みずおち 七日なぬか 上人しょうにん 辻占つじうら すそ 面構つらがまえ 黒縮緬くろちりめん 狂気きちがい 呵々からから 金具かなぐ 鰐口わにぐち じょ