湯島詣ゆしまもうで
紅茶会三両二分通う神紀の国屋 段階子手鞠の友湯帰り描ける幻 朝参詣言語道断下かた狂犬源兵衛 半札の円輔犬張子胸騒鶯 白木の箱灰神楽星 「紅茶の御馳走だ、君、寄宿舎の中だから何にもない、砂糖は各々適宜に入れることにしよう。さあ、神月。」 三人 …
作品に特徴的な語句
あったまり 退のぞ ぎめ 可憐いとおし 母様おっかあ なげうた うまれ おまえ やわらぎ のめ さかのぼ はぐ はした 良人ていしゅ くら うみ そっ あおむ たまら たいらか ラブ 赫々てかてか はや わたい とっく 匍匐はらんばい ひとも ゆく 頬冠ほっかむり すす ころし ひねく あき なか くべ おとな うすっ ひけ とッ えん おこない しずめ ひら きわま しゃく あさっ なき いな うとん 言付いッつ こたえ なんに 穿ばき とこ いきどおり おっか 退しさ そら せなか かえり きつ とけ つくば 以前さき じょ 夫人ひと つやや そろえ いやしゅ ある こぼ そら 父爺とっ きまり わっし だて 横顔よこッつら さかさま あい 嬰児あか 帰途かえるさ もうで 引剥ひっぺ きおい つか 厚意なさけ おつ こす ふう つッ ともし がか さが 判然きっぱり 退すさ わけ