“寝室”のいろいろな読み方と例文
旧字:寢室
読み方割合
しんしつ37.8%
ねま35.6%
ベッド4.4%
ねべや4.4%
ねや4.4%
ベツド4.4%
へや2.2%
シュラーフ・ツィンメル2.2%
ベット2.2%
ベッドルーム2.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いきなりシューラの両肩んで、自分の寝室へ引っぱって行った。シューラは心配になって、がどきりとした。ママはこういった。
身体検査 (新字新仮名) / フョードル・ソログープ(著)
夜更目敏い母親の跫音が、夫婦の寝室の外の縁側に聞えたり、未明に板戸を引あけている、いらいらしい声が聞えたりした。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
額へ、頬へ、肩へ触った手を、その恐ろしい冷たさにゾッとして引込めると、其儘寝室の側に寝巻の膝を突いて、讃之助は男泣きに泣き入りました。
葬送行進曲 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
君は透見ゆる霞の如き薄紗の下に肉色したる肌着をつけ給ひたれば、君が二の腕、太腿の、何処のあたりまでぞ、唯一人君を寝室に訪ふ人の、まことに触れ得べき自然の絹にして
舞姫 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
手を入れて労り取って、二十四の梓は嬉しそうに、縁側を伝って夫人竜子の寝室って、寝台の枕頭に押着けて、呼起して、黄鳥を手柄そうに見せると、冷やかに一目見たばかり。
湯島詣 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「もうこゝの火はいゝ。斎木君、寝室たら、僕は寝るから……。湯タンポを入れさせてくれ」
(新字旧仮名) / 岸田国士(著)
私の寝室の入口一パイに立塞がって、二人の談判に耳を傾けていたが……むろんデッキ野郎の癖に、わざわざ親方の私の処へ押しかけて来る兼の利いた風な態度を憎んで
難船小僧 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
必要なら、二階の寝室の片隅に眠るベッドをみつけてあげよう。こうして彼は、もう少し留まっているように簡単に説得されてしまった。なぜか彼は、小人数の一団の中心になっていた。
で、セエラは彼女に、このバスティユに夜通しいてはならないから、そっと梯子を降りて、自分の寝室へ行くように、注意しなければなりませんでした。
フト廊下に跫音がしたので、林はハッとしたが、どうする事も出来ずに、其儘部屋に続いた奥の寝室へ隠れた。
P丘の殺人事件 (新字新仮名) / 松本泰(著)