P丘の殺人事件ピーおかのさつじんじけん
火曜日の晩、八時過ぎであった。ようやく三ヶ月計り前に倫敦へ来た坂口はガランとした家の中で、たったひとり食事を済すと、何処という的もなく戸外へ出た。 日はとうに暮れて、道路の両側に並んだ家々の窓には、既に燈火が点いていた。公園に近いその界隈は …
作品に特徴的な語句
そら カップ ぼんや たくら かんが 微笑わらい 寝室ベッドルーム 幾許いくらか たしな 怪訝いぶかし 制服ユニホーム つけ 繻子サテン 亀裂さけ 脅喝おどかし 宿 したた 紙片かみ 滞在とまり 周章あわただ 蹌踉よろよろ 荒廃さび ゆっく 了解わか 予期おも まばら 余波とばしり かしこま 隠匿かく わき 狭隘せま 同情おもいやり 腰掛ベンチ はず 芳香かおり たず 華胥ねむり 宿とま ひそか 所持 おか 尾行 覆布かさ 彩色いろど 彼処あすこ 磨滅すりへ しか 真実ほんと あて 疾走はし 疲労つか ゆか ほて 潜伏ひそ 湿気しめりけ 明瞭はっきり 旅館ホテル 整理かたづ 芝生ローン 捜査さが 荒廃あれ 担込かつぎこま 手巾ハンカチ たしか かか 愛蘭アイリッシュ 怨恨うらみ 呆然ぼんやり あっ 音符シラブル 呼鈴ベル しわが きびす 仮令たとえ 附随つきしたが 贔負びいき 密々みつみつ 寝床ベッド 左様そう 記憶おぼ 店台カウンター おそれ あらかじ のが 酒場バア 酒窖さかぐら 陰影かげ 頷首うなず 長閑のどか まと めぐ