“頷首”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
うなず100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“頷首”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 戯曲0.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.4%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
と、ノウマは泣き笑いの顔を上げて、かすかに頷首うなずいたりするのが定則ていそくになっていたが、ところがこのごろは!
字で書いた漫画 (新字新仮名) / 谷譲次(著)
私の眼下に黄塵を上げて荒れ狂ってる「黒い小山」を見ても頷首うなずけるように、牛骨飽くまで太高く、牛肉肥大、牛皮鉄板のごとく闘志満々