“首頷”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
うなず100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“首頷”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
箭作彦十郎やづくりひこじゅうろう松原源兵衛まつばらげんべえ——居ならぶ御書院番衆ごしょいんばんしゅうの頭が、野分のわけのすすきのように首頷うなずき合い
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)