“首”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
くび42.6%
こうべ20.7%
はじめ9.0%
かうべ7.2%
かしら4.3%
しるし2.9%
かぶり2.4%
しゅ2.1%
はじ1.9%
おびと1.6%
うなじ0.8%
しゆ0.8%
オビト0.5%
うな0.3%
0.3%
かばね0.3%
くち0.3%
くひ0.3%
くびい0.3%
くびた0.3%
つむり0.3%
カウベ0.3%
カシラ0.3%
カミヘ0.3%
コウベ0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
やがて盗賊どもは、生人形からってきましたが、はぬけ手足はもぎれて、さんざんな姿になっていました。それも道理です。
人形使い (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
しかし考えて御覧なさいまし。お思い当りあそばす事がありは致しませんか。(画家を垂る。令嬢はに画家のより離れ去る。)
第五は書のに見えてゐる棕軒侯である。侯は茶山の次韻の詩を見て称讚した。「中歳抽簪為病痾」の七律とこれに附した八絶とである。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
そはわが用ゐて形をとゝなふ諸〻の火の、目となりてわがが輝く者、かれらの凡ての位のうちの第一を占むればなり 三四—三六
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
習慣と自然これに特殊の力を與ふるがゆゑに、罪ある世をぐれどもひとり直く歩みての道をかろんず。 一三〇—一三二
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
げな百説、どれもこれも採るに足らぬ。吉良は無事に生きているのだ。ただ、亡君の怨敵たる彼のを申しうければそれで足る)
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
夢の御告げでもないならともかく、娘は、観音様のお思召し通りになるのだと思ったものでございますから、とうとうにふりました。
(新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
その好敵手と思う者がとしてから門閥の陋習を脱したるが故に、下士はも戦わんと欲してち敵の所在をうたる者のごとし。
旧藩情 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
ツバキの名はこの葉が厚いから厚葉木の意でそのめのアが略せられたものだといい、また光沢があるに基いた名ともいわれている。
植物記 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
また伊勢の大鹿が女、小熊子の郎女に娶ひて、生みませる御子、布斗比賣の命、次に寶の王、またの名は糠代比賣の王二柱。
お前の肩に切られた風が、不思議に綺麗な切断面を迸しらせて、多彩な色と匂ひとで僕のを包んでしまふ、僕はときたま噎せながら、不思議にそれを綺麗だと思つた。
海の霧 (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
現にジヨホオルで護謨林を経営して居る日本人は三井の二万五千エエカア、三五公司阿久澤)の二千町歩をとし、二三百エエカアの小経営者は数十人に
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
皇子は幼少であつたから、その生長をまつまで、文武天皇の母(草壁皇子の妃)が帝位についた。元明天皇である。天智天皇の娘であり、持統天皇の妹であつた。
道鏡 (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
背きがち、だれがちに差向ったより炉の灰にうつくしい面影が立って、そのい桔梗の無地の半襟、お納戸縦縞の薄色なのに、黒繻珍に朱、群青白群で、光琳模様に錦葉を織った。
薄紅梅 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
首領、どうしたんでしょう』とジルベールは歯の根も合わずえておる。
水晶の栓 (新字新仮名) / モーリス・ルブラン(著)
神武以来、国にがあり、県にがあつた。それらは、朝廷がえらんだ人であつたが、ふるくからの人望によつて、その職を代々うけついできたものも、すくなくなかつた。
肉親の愛情、その対手が何者であるかも目には止めないで、帯のあいに手をやるが早いか、キラリと抜いたのを袖裏へ逆手に隠して
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
炬燵の中でツたけ這入つて当日までるのでございますからのくらゐ結構な事はございません。
牛車 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
実に感心な人だ、泥坊に意見をするのを傍で聞いて居やしたが、おが此の泥坊の馬鹿野郎と云うから、手向いでもするかと心配していると、泥坊がげて、変な事をいう奴だアと云って
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「美代姉は、んだって言ったの、、行がねえごったら、さ、縄つけでもせで行ぐどて。お美代姉、泣いでいだけ。」
蜜柑 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
おいたわしいおをお下げなすったままうすら寒い風の中にひとり立っておいででした。
燕と王子 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
鶏頭のを垂れて枯れんとす
松本たかし句集 (新字旧仮名) / 松本たかし(著)
ミ→ウ(「」がカウベ、「髪際」がカウギハ)ム→ウ(「竜胆」がリウダウ、「林檎」がリウゴウ)
国語音韻の変遷 (新字新仮名) / 橋本進吉(著)
家山、ラセバ三千里
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)