水晶の栓すいしょうのせん
名にし負うアンジアン湖畔の夜半。小さい桟橋に繋いだ二隻のボートが、静かな暗にゆらりゆらりと揺れて、夕靄の立ち籠むる湖面の彼方、家々の窓にともる赤い灯影、アンジアン娯楽場の不夜城はキラキラと美しく水の面に映っている。時はちょうど九月の末、雲間 …
作品に特徴的な語句
たく 周章ふた 静寂せいしゅく 狼狽どきまぎ ぶり やめ くらやみ 早々はやばや おく たくらみ しゃ しい 懐中ポケット 囲繞かこ 往来とおり わっし あま 這々ほうぼう かが 衝突ぶつ とも ひと ねら 恐々おずおず 消魂たまぎ うずまき おっしゃ あわれみ ほぐ 形態かっこう 第一でえいち しっ せい にじ おも 乳母ばあ 急々そわそわ 醜穢きたな あわただ なす 退さが おい ほと 迂回うっかい みなぎ 垂帳カアテン はから まぬ あざわ めえ くゆ もっ あれ つかま コード 引込ひっこみ 猜疑うたぐり ぶみ 十歳とう ざま 此夜こんや やっこ 暖炉ストーヴ 明日みょうにち 無益むだ 燐寸まっち 独白せりふ 狼狽あわ のど とつ 御宅やしき うしろ ねら かむ うかが 愚物どじ 隠処かくしどころ おもい したがっ 陥穽わな ぞっ 憤怒いかり きわ 乳母ばあや 何人なんびと