“計”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はか35.4%
ばか16.8%
はかりごと12.1%
はから9.7%
ばかり8.3%
けい3.8%
かぞ3.5%
はかり2.9%
ハカ0.9%
たく0.6%
ハカリゴト0.6%
かぞう0.6%
たくら0.6%
バカ0.6%
0.3%
かぞふ0.3%
くはだ0.3%
くわだ0.3%
たくん0.3%
0.3%
はかつ0.3%
はからい0.3%
はからひ0.3%
ほかりごと0.3%
もくろ0.3%
ハカラ0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
高橋空山師とって、附近の虚空院鈴法寺の衰えたるをおこさんとして果さなかった。あの寺は関東の虚無僧寺の触頭、活惣派の本山。
大菩薩峠:26 めいろの巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
十一文づゝ二年半餘りもらば大抵三十文りの引負となるべし。閏月ちこの三十文の引負を一月にまとめてふことゝるべし。
改暦弁 (旧字旧仮名) / 福沢諭吉(著)
によきこそあれ、頃日金眸大王が御内へて、新参なれどもだちて働けば、大王の寵愛浅からぬ、彼の黒衣こそよかんめれ。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
までは叶ふまじといへば吉兵衞はは兎も角も船頭なればひ給へとて其議に決し此所にて水差をみ江戸りとぞ定めける
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
六月に氷をみる事江戸の目には最珍しければ立よりて熟視ば、深さ五寸の箱に水をいれその中に踏石ほどの雪の氷をおきけり。
後に“雲梯”とよばれたものである。各所に巨大な井楼を組んで、崖へ梯子を架けわたし、谷を踏まずに迫ろうとするのらしい。
私本太平記:07 千早帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
斎部広成の古語拾遺に、「秦・漢・百済内附の民、各々万を以てふ。褒賞すべきに足れり。皆其の祠あれども、未だ幣の例に預らず。」
殺すやうなる事は有間敷けれ共皮想から見えぬが人心なれば若や田原町なる夫婦の者の言如く成んも難し先お菊に屹度したる番人を付置て此始末を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
作家ドウシハ、片言満了貴作ニツキ、御自身再検ネガイマス。真偽看破良策ハ、一作エシモノノサヲレ。「二人シタモアル。」
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)
其実深き仔細ありて真逆の時の証人にと心にみて呼びし者に非ざるか、斯く疑いて余は目科の顔を見るに目科も同じ想いと見えちらりと余と顔を見交せたり
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
五丈原以後——「孔明シテ魏延ヲ斬ラシム」の桟道焼打ちのことからなお続いて、魏帝曹叡の栄華期と乱行ぶりを描き、司馬父子の擡頭から、呉の推移、蜀破滅、そして遂に
三国志:12 篇外余録 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
指を屈して物の数をるをはじめとし、天文・測量・地理・航海・器械製造・商売・会計、ことごとく皆、数学のかかわらざるものなし。
エリスの家の前に倒れて、家の中に担込れるようにんだのは、彼女の狂言であった。そして彼女はエリスと男との関係を探ろうとしたのであった。
P丘の殺人事件 (新字新仮名) / 松本泰(著)
毎日ノ御鷹野、御辛労申スリモナシ。御気力ノ強サ、諸人感ジ申ス也——勢子衆ト供ニ御狂ヒアリテ、御気ヲ晴ラセラル。
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そのうち二回は「」類の仮名を用いるべき処に、二回は「」類の仮名を用いるべき処に用いてあるのであります。
古代国語の音韻に就いて (新字新仮名) / 橋本進吉(著)
一年とめたる奉公人給金は十二箇月のにも十兩、十三月のにも十兩なれば、一月はたゞ奉公するか、たゞ給金ふか、れにも一なり。其外不都合るにあらず。
改暦弁 (旧字旧仮名) / 福沢諭吉(著)
とにかく私はこれから私の書かうとててゐる小説を思ふが儘に書いて行きます。然し私の小説は沢山の方を喜ばすことは出来ないかも知れません。これは前もつておことはりいたして置きます。
青白き公園 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
「更に余をこの地から放逐せんとてた邪悪の心の持主である。そして、お前が、余の妹であるといふ事実は知らぬ筈なのだけれど——」
南風譜 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
仲々だと思いましたが老人を殺せば倉子の亭主は疑いを受けて亡き者に成り其上老人の財産は倉子にで倉子は私しの妻に成ると云う趣向ですから石一個で鳥二羽を殺す様な者でした
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
「いふ事あらばくいへかし。この期に及びわれを欺き、間隙ふて逃げんとするも、やはかそのに乗るべきぞ」ト、いへば聴水を打ちふり
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
殊更めて他人教化せんとするが如きはを為す者の僣越し、無智無謀す、る大陽はめてかざるを、は吾人の教化たず、からざるをざればるなり
問答二三 (新字旧仮名) / 内村鑑三(著)
両家が従来の通り向う合せでは、何かにつけて妙でないと云うので、帯刀は国詰になる、河上は江戸に残ると云うをわしのおやじがやったのじゃ。
趣味の遺伝 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
われを疎んじ外にして常に祕密の
イーリアス:03 イーリアス (旧字旧仮名) / ホーマー(著)
「時に、七瀬殿、某と、小太とのが、うまく行く、行かぬにせよ、大阪表へ行って、調所を探る気はござりませぬか」
南国太平記 (新字新仮名) / 直木三十五(著)
倉子の容貌は真に聞きしより立優りてしく、其目其鼻其姿、一点の申分無く、容貌室中に輝くかと疑われ、余はる美人が如何でか恐しき罪をみて我が所天に勧めんやと思いたり
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
郎女は、貴族の姫で入らせられようが、寺の浄域をし、結界まで破られたからは、直にお還りになるやうにははれぬ。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)