“其外”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
そのほか92.3%
ソノホカ3.8%
そのそと3.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其外大阪の城代土屋采女正寅直の用人大久保要に由つて徳川慶喜に上書し、又藤田誠之進を介して水戸斉昭に上書したこともある。
津下四郎左衛門 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
当麻のまで、をとゝひの中に行つて居たこと、寺からは、昨日午後横佩墻内へ知らせが届いたこと其外には、何も聞きこむ間のなかつたことまで。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
一方明窓障子がはまつて、其外二疊ばかりの、しツくひで、金魚緋鯉るのではない。
怪談女の輪 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)