“不願乎其外”の読み方と例文
読み方割合
そのほかをねがわず100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
抽斎は自ら戒め人を戒むるに、しばしば沢山咸の「九四爻」を引いていった。学者は仔細に「憧憧往来朋従爾思」という文をうべきである。即ち「君子素其位而行不願乎其外
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)