渋江抽斎しぶえちゅうさい
三十七年如一瞬。学医伝業薄才伸。栄枯窮達任天命。安楽換銭不患貧。これは渋江抽斎の述志の詩である。想うに天保十二年の暮に作ったものであろう。弘前の城主津軽順承の定府の医官で、当時近習詰になっていた。しか …
作品に特徴的な語句
神田かんだ 俳諧はいかい どんぶり 通夜つうや 諏訪すわ 裏店うらだな 出雲いずも 溝板どぶいた あと 喘息ぜんそく 石燈籠いしどうろう 忖度そんたく 闡明せんめい 下野しもつけ 足利あしかが ばん 井桁いげた 斡旋あっせん 午頃ひるごろ くりや 布団ふとん 編輯へんしゅう 造詣ぞうけい 本郷ほんごう 反物たんもの 忌憚きたん 緋縮緬ひぢりめん 四谷よつや 檀家だんか 麦藁むぎわら 失踪しっそう 為方しかた 木挽町こびきちょう 見識みし 八百屋やおや 熨斗のし がん 追分おいわけ 香華こうげ 初手しょて 弥生やよい 檀那だんな 蔵前くらまえ 縁起えんぎ 一室いっしつ 禰宜ねぎ ござ 海苔のり 夢寐むび 不如意ふにょい 半年はんねん 小雨こさめ 蒲鉾かまぼこ 奢侈しゃし 煩瑣はんさ たお 相容あいい しきみ 宛名あてな 馬琴ばきん 硯箱すずりばこ 年寄としより 隅田川すみだがわ 沮喪そそう 賜物たまわりもの 向島むこうじま 書肆しょし 田楽でんがく 看做みな いん たつ 剃髪ていはつ 朝餉あさげ 夢現ゆめうつつ 湮滅いんめつ つと 名告なの 尾張おわり 山内やまのうち 所望しょもう 浅草あさくさ 花卉かき 伝播でんぱ 片頬かたほ 道行みちゆき 情誼じょうぎ てん 放恣ほうし 有縁うえん 木魚もくぎょ 疑懼ぎく 神保町じんぼうちょう ばつ