渋江抽斎しぶえちゅうさい
三十七年如一瞬。学医伝業薄才伸。栄枯窮達任天命。安楽換銭不患貧。これは渋江抽斎の述志の詩である。想うに天保十二年の暮に作ったものであろう。弘前の城主津軽順承の定府の医官で、当時近習詰になっていた。しかし隠居附にせられて、主に柳島にあった信順 …
作品に特徴的な語句
わこ しす おこそか やむ のこ しからざ かい つかい こうぶ びけ はかる うまれ くるし ひそむ ぎょう まれ どり まま きら ぎょ ゆたか きびし さぶらい きわめ たいらか よしみ あえ しゅつ くわし にわか ちゃく わずか はずかしめ たてまつ 何人なんひと こう いわく 戯言けげん 前方まえがた たぐい とつ 上下じょうか 他人たひと おおせ べっつい ふる つか ぎらい たず あた ちがえ たず じょう けん おく はた まじわり すこし おわり 手向てむかい おおよ 出入いでいり きっ しきり このみ せい あらわ とぶら うま ざかい がかり らく まじわ かわ のぶ たん しゅ どおり 何人なにひと 情人じょうにん 頭飾とうしょく よし たしみ かざし あやまち さきだ おおむね おとし けい そし たくわえ やぶ あだ けつ