“情人”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いろ35.1%
いいひと15.6%
おとこ9.1%
じょうじん7.8%
いろおとこ5.2%
いゝひと3.9%
ひと3.9%
じょうにん3.9%
おもいびと2.6%
をとこ1.3%
おもいもの1.3%
こひびと1.3%
こひゞと1.3%
じゃうじん1.3%
まぶ1.3%
アミ1.3%
アミイ1.3%
ヤネ1.3%
ラヴ1.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「飛んだ久松の孫右衛門さ。旦那のいねえ夜を合図で知らせて、引っ張り込んでた情人あ誰だ? に申し上げた方が為だろうぜ。」
「偉そうなこと云ってもだめよ、悠ちゃんなんか、梅干の種を鼻の穴じゃないの、——くやしかったら芸妓の情人でもつくってごらんなさい」
桑の木物語 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
お鳥はっこい台所の板敷きに、のだぶだぶした脚を投げ出して、また浅草で関係していた情人のことを言いだした。
足迹 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
対手懺悔をしたんですが、身分を思うから名は言いますまい。……貴婦人は十八九で、もう六七人情人がありました。
星女郎 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
三日ばかり間を置いて、お宮が病気で休んでいるという葉書をよこしたので、私は親切だてに好い情人気取りで見舞かたがた顔を見にいった。
うつり香 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
「いゝかい、北君はあらゆる男の情人になるんだよ。己も一度は万人の情人になりたかつたけれど、結局、お前一人の情人になつてしまつたよ。」
二人の男 (新字旧仮名) / 島田清次郎(著)
花里さんのくのは瀬川さんたア一緒にならないわ、あんなに血道をあげてる伊之さんてえ情人があるんだから、海上さんは踏台にされるに違いないのよ
してみると、この女の情人か、かは、長崎の方に知行所を持つ武家か、縁のある男と見て、大体、間違いはあるまい
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
お殿様と云う立派な情人がおありなさること故、そのようなことをして、自分の心を慰めずとも、よかりそうなものではござりませぬか。
レモンの花の咲く丘へ (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
あのやうな面皰だらけの野猿坊みたいなもんでも、近頃情人出來てあつたさうで、そやつに唆かされて惡心がしたものと見えます。
大阪の宿 (旧字旧仮名) / 水上滝太郎(著)
以前は幸七の情人で、一時囲われたことのある小唄の師匠お栄と懇意になり、その滑らかな舌に焚きつけられて、刷毛ついでに恋敵の幸七も殺す気になったのでした。
清十郎(即ちお夏の情人)が大坂より戻り来りたる事を次に出して、「目と目を合はする二人、無事な顔見て嬉いと、心に心を言はせたり」と有処にて、更に両人の情愛の秘密を示せり。
「歌念仏」を読みて (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
張順は中庭へ潜んでッていた。情人でもないらしいが、酒肴が運ばれてゆく。客はつまりこわもての客とみえ、婆やもなかなか気をつかっている。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
読者諸君はすでに御承知であろう、岩井は村雲笑子を妾にして「巴里」という酒場を出させながら、一方踏絵をも情人にしている。
魔都 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
岩井通保の秘密の情人、当時売出しのダンサー川俣踏絵そのひとであった。
魔都 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
情人が髮結ふてつとるばん。
思ひ出:抒情小曲集 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
雪江さんのばかり見ていると、いつしか私は現実を離れて、恍惚となって、雪江さんが何だか私の……でもない、情人でもない……何だか斯う其様なような者に思われて
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)