“人情深”の読み方と例文
読み方割合
にんじょうぶか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さんは、親方も、自分のように、両親がなく一人ぽっちだったこと、気短で、しかられるときはかったが、人情深い、いいだったことなど、しました。
春風の吹く町 (新字新仮名) / 小川未明(著)
このおじいさんは、しんせつな、人情深いおじいさんで、にいるときも、近所子供らからわれているほどでありましたから、すぐに、その子供いているのがにつきました。
雪の上のおじいさん (新字新仮名) / 小川未明(著)