“義理人情”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぎりにんじやう50.0%
ヒューマニチー50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しなされとはらへばすがりさまそれは御眞實かと見上ぐるみかへしていつはりはおさまなどのなさること義理人情のあるならよもやと生正直から同樣でなしに
別れ霜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
私は義理人情の抜きがたき根底を痛感する。個人主義なるがゆえに自己のことのみ考えればいいというような説は抽象的なものである。
愛と認識との出発 (新字新仮名) / 倉田百三(著)