“不人情”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふにんじょう50.0%
ふにんじやう37.5%
ふにんじよう12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
平常、かわいがっていながら、ペスが、犬殺しに、つれられていったとっても、もらいにいってやらぬというのは、なんたる不人情なことだろう。
ペスをさがしに (新字新仮名) / 小川未明(著)
となると不人情るのであらうか、いてもいてももしいをしてるは一人い、あゝだとてばちになりまして
この子 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
かけ三松島さまがれほどしてされたとしめす、しでさへがこぼれるほどしきにおさまはか、さりとは不人情と申ものなり
経つくゑ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)