“読人不知”の読み方と例文
読み方割合
よみびとしらず100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
後撰集雑二に「難波がた汀のあしのおいのよにうらみてぞふる人のこゝろを」というのが読人不知になって出て居るが、兼盛の歌である。
連環記 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
『古今集』の中でも割に古い歌と思われる読人不知の歌、つまり作者不明の歌には、万葉風の感じられる歌もあるが、大体の特色をなす声調は
中世の文学伝統 (新字新仮名) / 風巻景次郎(著)
此は民謡風な読人不知の歌だが、後に大伴坂上郎女が此歌を模倣して、「青山を横ぎる雲のいちじろく吾とまして人に知らゆな」(巻四・六八八)という歌を作った。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)