中世の文学伝統ちゅうせいのぶんがくでんとう
本書が版を改めて世に出る時を持ちえたについては、並み並みでなく感慨を強いられるものがある。 私は昭和十四年の年末に原稿を書きあげて、翌年一月二十日づけの序をしたためた。そして本書の初版は二月二十日の日 …
作品に特徴的な語句
緻密ちみつ 美濃みの 越後えちご 陸奥みちのく 公達きんだち 足利あしかが 胡麻化ごまか 和泉いずみ 伊勢いせ 短冊たんざく 鵜呑うの 寵愛ちょうあい 謀叛むほん 斡旋あっせん 波瀾はらん 混沌こんとん さかい 不逞ふてい 筑紫つくし 近衛このえ 叡智えいち 嫡子ちゃくし 有耶無耶うやむや 僧形そうぎょう 煩瑣はんさ 咀嚼そしゃく 退治たいじ 中宮ちゅうぐう 田楽でんがく 参籠さんろう 瓦解がかい 歪曲わいきょく 見逃みのが ふう 薨去こうきょ 蟄居ちっきょ 行脚あんぎゃ 蹴鞠けまり 符牒ふちょう 遊蕩ゆうとう 糾合きゅうごう 蔵人くろうど しの 粗笨そほん 西行さいぎょう 姻戚いんせき 御気色みけしき 都々逸どどいつ 寝覚ねざめ 烙印らくいん 罵詈ばり 奉行ぶぎょう 綸旨りんじ 雲間くもま 近習きんじゅ つちか 悶着もんちゃく 日吉ひえ 公家くげ 烏有うゆう 神祇じんぎ 静謐せいひつ 駄洒落だじゃれ 花園はなぞの 女御にょうご 川越かわごえ 徒然草つれづれぐさ こう 隠棲いんせい 利目ききめ 巳刻みのこく 座主ざす 彷彿ほうふつ しい 御沙汰ごさた 直截ちょくせつ 今様いまよう 周防すおう 紀伊きい 紫宸殿ししんでん まつりごと 憂悶ゆうもん 明眸めいぼう みだ 雲脂ふけ 鴨川かもがわ 旗幟きし 長谷はせ 大様おおよう いぬ 水甕みずがめ よみ 剛毅ごうき 妖艶ようえん 弑逆しぎゃく 爛熟らんじゅく せい 相剋そうこく