中世の文学伝統ちゅうせいのぶんがくでんとう
本書が版を改めて世に出る時を持ちえたについては、並み並みでなく感慨を強いられるものがある。 私は昭和十四年の年末に原稿を書きあげて、翌年一月二十日づけの序をしたためた。そして本書の初版は二月二十日の日附で刊行されている。それは日本的なるもの …
作品に特徴的な語句
のむすめ かざ こう とうの ごう よろ ぬもの 海底やら 寂然じゃくぜん おおきみ なお たて うつ ほとほ おの べか じゃく なれ むな じゅ 憧憬しょうけい おしえ こた しの おも ほしい あせ ふさ 素性そせい 夜半よわ 外舅がいきゅう 巳刻みのこく おのれ いか なんな ひさぎ あが よこ あた しょう 陪従べいじゅう たも はじ 御前おまえ 御寿おんとし もう 穢土えど 語部かたりべ 大原おおはら 調しらべ 種姓すじょう 懐良やすなが あま おさ 四方よも うかが みどり 嘉暦かりゃく 見様けんよう 女御にょうご はな 赫々かっかく 如何いかん くつがえ きさい 築地ついじ いにしえ 忍坂おさかの つが のが いと うま おそ 新田にった ふさ 御幸ごこう 為業ためなり しがらみ 能化のうけ 柔媚じゅうび 信実のぶざね ろう