“后”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きさき73.8%
きさい9.5%
うしろ2.4%
のち2.4%
ゴー2.4%
あと1.2%
きささ1.2%
きみ1.2%
こう1.2%
1.2%
ごう1.2%
キサキ1.2%
ゴウ1.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
宮と藤壺の宮とは同じおからお生まれになったからであろうか、などと考えるだけでもその子と恋人との縁故の深さがうれしくて
源氏物語:05 若紫 (新字新仮名) / 紫式部(著)
ききたまへ、扇に似たる前髪にふさふとあへて云ふならば、われはのおん料の牡丹もきらむ、おほきみの花もぬすまむ。食まじ、は。
晶子詩篇全集拾遺 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
かゝるをりしも人々のりゐたるの方にたかきあかり窓ありしが、きびしき音ありてまどをやぶり、あげの雪がら/\とれおちたる中に人のりくだりければ
右の字鏡ありて二十年をて、源の順朝臣の作りたる和名類聚抄ありき、是も字書也。元和の年間那波道円先生て板本とせられたり。
下でお父さんが「お、お」と呼んでいらっしゃる。私は「ハイ、ハイ」と降りかけ「おさまは今御用ですよ」御小水? 合点をなさる。
此時は大鮏さきにすゝみて水をはなるれば、よりゐたる小鮏などひてのぼり、河原をはしる事四五にすぎざれども、のごとくして人の足もおよびがたし。
ここにその 大御酒杯を取らして、立ち依り指擧げて、歌よみしたまひしく
顓頊道ならず、我がに抗し、我が后は自らこれに天罰を加えるために、郊で戦われたが、天は徳をけず、我が軍隊は敗走致しました……」
不周山 (新字新仮名) / 魯迅(著)
曾てイスラエルの王アハブが隣の民の葡萄園を貪り、イゼベル夫の為につて其民を殺して葡萄園を奪ひ、其としてイゼベルは後王宮の窓より投落され、犬其肉をひしと伝へらるゝ所。
四里間に家無きも、山間或は原野にして、シオポロ川の源に出で、川畔にうてる。終日暴雨なり。三時愛冠に着す。全身は肌迄湿うたり。夜中熟眠す。
関牧塲創業記事 (新字新仮名) / 関寛(著)
[自注10]お——顕治の故郷の地方では、おくさん、おかみさんをおはんとよぶ。
昔、住吉明神のにあはしまと言ふ方があつた。其方が、白血・長血の病気におなりになつたので、明神がお嫌ひになり、住吉の門の片扉にのせて、海に流された。
お父さんは、今、わきから見ていると、もう全くおさまに依っていらっしゃる。一種の美しさがある。勿論今でも時々かんしゃくは起しなさるらしいが。