“后町”の読み方と例文
読み方割合
きさきまち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
廉子ときけば、后町局々、あまたな寵姫も、みなおのようにおそれっているのである。それに内侍はいつか帝のおたねをやどしていた。
私本太平記:10 風花帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
まことに、彼女のほこらしさにすれば、后町を通うたびにも、常に独りで、こう思惟していたことでもあろうか。
私本太平記:02 婆娑羅帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
後醍醐も、后町のどの妃の局へもお通いは見えなかった。ひとり御殿に悶々と御寝もやすからぬご様子だった。