私本太平記しほんたいへいき02 婆娑羅帖02 ばさらじょう
都は紅葉しかけている。 高尾も、鞍馬も。 その日、二条加茂川べりの水鳥亭は、月例の“文談会”の日であった。 流れにのぞむ広間の水欄には、ちらほら、参会者の顔も見えはじめ、思い思いな水鳥の群れに似た幾組かを、ここかしこに作りあっていた。 「い …
作品に特徴的な語句
トコロ まかせ おや イツハ がと かな ぱず こと せい つむ てて かず 妄想モウソウ じし マカ じょ うわ すが かえ ねい 退 いっ だん なろ よそほ じょ こう ちか しょく かた かつ うかご 何方いづかた 角力すまう 花瓶かへい ほぐ あで ぜい から せき たく がん がく 殿でん 輿丁こしかき しょ てい つま とせ はず もと 盲目めしい 昨夜よべ 侍女かしずき とつ あや 種々くさぐさ 山宿やまやど 内容うち けい 兄弟ふたり はぐ いさか とじ まな じょう ことほ 宿駅しゅく 仮名けみょう なまめ こう やつ 胴服どうぶく はかり しゅ 几帳とばり
題名が同じ作品
私本太平記:01 あしかが帖 (新字新仮名)吉川英治 (著)
私本太平記:03 みなかみ帖 (新字新仮名)吉川英治 (著)
私本太平記:04 帝獄帖 (新字新仮名)吉川英治 (著)
私本太平記:05 世の辻の帖 (新字新仮名)吉川英治 (著)
私本太平記:06 八荒帖 (新字新仮名)吉川英治 (著)
私本太平記:07 千早帖 (新字新仮名)吉川英治 (著)
私本太平記:08 新田帖 (新字新仮名)吉川英治 (著)
私本太平記:09 建武らくがき帖 (新字新仮名)吉川英治 (著)
私本太平記:10 風花帖 (新字新仮名)吉川英治 (著)
私本太平記:11 筑紫帖 (新字新仮名)吉川英治 (著)
私本太平記:12 湊川帖 (新字新仮名)吉川英治 (著)
私本太平記:13 黒白帖 (新字新仮名)吉川英治 (著)