私本太平記しほんたいへいき06 八荒帖06 はっこうじょう
十月。晩秋の好晴。 北条高時は江ノ島の弁財天へ参籠して、船で浜御所へもどる海上の途にあった。 「なに。わしを清盛のようだとか?」 あの特有なかなつぼ眼で、高時は船中の船酒盛りの近習らを、ねめ廻し、 「 …
作品に特徴的な語句
恰幅かっぷく 眷属けんぞく 公達きんだち 羽目はめ 麾下きか 韋駄天いだてん 下野しもつけ 布令ふれ 結城ゆうき 逐電ちくてん 人身御供ひとみごくう 波瀾はらん 混沌こんとん わく 炯眼けいがん 傾城けいせい 巍然ぎぜん 筑紫つくし 茫漠ぼうばく 困憊こんぱい とら 渾身こんしん 貪欲どんよく 衣摺きぬず 錯覚さっかく 俯瞰ふかん かざし くわ 紅蓮ぐれん 参籠さんろう げき 咳払せきばら 沮喪そそう 田楽でんがく 落人おちゅうど 伯耆ほうき 脳裡のうり 酸鼻さんび 直々じきじき 勿怪もっけ 瓦解がかい たね 阿鼻叫喚あびきょうかん 唾液だえき 石見いわみ 美作みまさか 千種ちぐさ 将監しょうげん てん 稀代きたい 妙齢としごろ はた 供奉ぐぶ 外様とざま あした はま かがり しとみ 糾合きゅうごう 焦立いらだ 蕭条しょうじょう たつ 間道かんどう 下郎げろう 不知火しらぬい 伺候しこう はこ 馬糞まぐそ 卒塔婆そとば 有明ありあ いかり 茶筅ちゃせん 雑人ぞうにん 鳥屋とや ぱん 小桶こおけ 怏々おうおう 行宮あんぐう 吉左右きっそう 逼塞ひっそく まぐろ 烙印やきいん 蟠踞ばんきょ ゆず 好誼よしみ 綸旨りんじ 隠密おんみつ 加持かじ みなと 諸声もろごえ ずい 亡者もうじゃ 初春はる 供御くご 勢子せこ 流人るにん 脂粉しふん 現身うつそみ 瞋恚しんい 静謐せいひつ
題名が同じ作品
私本太平記:01 あしかが帖 (新字新仮名)吉川英治 (著)
私本太平記:02 婆娑羅帖 (新字新仮名)吉川英治 (著)
私本太平記:03 みなかみ帖 (新字新仮名)吉川英治 (著)
私本太平記:04 帝獄帖 (新字新仮名)吉川英治 (著)
私本太平記:05 世の辻の帖 (新字新仮名)吉川英治 (著)
私本太平記:07 千早帖 (新字新仮名)吉川英治 (著)
私本太平記:08 新田帖 (新字新仮名)吉川英治 (著)
私本太平記:09 建武らくがき帖 (新字新仮名)吉川英治 (著)
私本太平記:10 風花帖 (新字新仮名)吉川英治 (著)
私本太平記:11 筑紫帖 (新字新仮名)吉川英治 (著)
私本太平記:12 湊川帖 (新字新仮名)吉川英治 (著)
私本太平記:13 黒白帖 (新字新仮名)吉川英治 (著)