“募”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
つの97.7%
つのり1.2%
つのっ0.6%
ツノ0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
不安はいよいよりてしばらく考えているうちに、ふと胸に浮かびしことあり。もしやと思いて、すぐに含満ヶ渕の方へ追って行く。
慈悲心鳥 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
付け種々に惡口申候何分勘辨なりがたく久兵衞を切捨んと存じ候御加役方笠原久米之進殿に召捕れ繩目恥辱
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
そこで一人の祖母は懇意な家で引うけることになり、お秀は幸い交換局の交換手をて居たから直ぐ局にめるようになって、妹と弟は兎も角お秀と一所に暮していた。
二少女 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)