二少女にしょうじょ
夏の初、月色街に満つる夜の十時ごろ、カラコロと鼻緒のゆるそうな吾妻下駄の音高く、芝琴平社の後のお濠ばたを十八ばかりの少女、赤坂の方から物案じそうに首をうなだれて来る。 薄闇い狭いぬけろじの車止の横木を俛って、彼方へ出ると、琴平社の中門の通り …
作品に特徴的な語句
っしゃ 全然ぱったり いけ 一寸ちょ あおい どな いっ あが こうば ばた 御座おす つい かゝっ あっ いゝ だけ 其方それ 甘味おいしい しわがれ 不審ふしぎ あっ 羞恥はずかし いゝ きっ 貧乏まず かい くゞ あい むかっ ふくん やすみ 如此こん 扶助みつい おこっ ひい 母上っかさん やい もしや あっ 復習さらえ やみ たっ いっそ 多少すこし つゞい おどろい 炊事にたき 伝言つたえ 其様そう 軒燈がす 出入ではいり 彼方むこう 請求たのま 可笑かし 喧噪やかまし たっ 安息やす きば くらし 暫時しばら 現状ありさま もっ なっ 少女むすめ 糊口くらし 美味いし 質物しち つい 階段はしごだん 何卒どう 長女かしら きい いで 労働ほねおり 親密した 見送みおくっ さい 製造こしら 奇怪おかし 如何どう うっ 多忙いそがし 零落おちぶれ 欠勤やすん なに 母上おっか にく くす 明白はっきり やき 斯様こんな てり かけ